飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争法案は人気取りの手段:維新

<<   作成日時 : 2015/07/23 20:59   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 近畿では維新が自民党批判の受け皿であった。だがそれが間違っていることは言うまでもないことだ。
松野氏は、対案を出さなかった共産党が各種世論調査で支持率を伸ばしていることに触れ、「確かな野党の方が国民も分かりやすい」と指摘。衆院に対案を提出したことについても「正しかったかどうか1回考える」と語った。時事
 それはこの発言の影響力を受けたのか?
橋下徹最高顧問(大阪市長)は23日の記者会見で、「今の執行部は大変な状況の中で(党を)まとめてくれている。しっかり支えないといけない」と述べた。その一方、衆院への対案提出に関しては「ふたを開けたら注目も何もされていない」と、発信力不足に不満を示した。
 注目されることに意味があるという。そうでしょう。

 国民にとってどの政策が良いのか、それを判断するのが政治家だ。選挙時の公約と当選後の行動を国民が選挙で評価する。国民に受けることだけを考えてその時その時変化する政党を国民は見破るだろう。

 維新はそんな政党だろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦争法案は人気取りの手段:維新 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる