飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 丁寧な説明とは都合の悪いことは答えないことのようだ

<<   作成日時 : 2015/07/23 00:30   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 参議院でも戦争法案の審議が始まるという。この政権は今までと同じように丁寧に説明していくという。今までも丁寧な説明をしているはずなのに国民が理解しないのはなぜなのか?国立競技場の無責任体制と同じく、その原因を誰も語らない。
 その文脈から言えば、国民の理解力が少ないと言いたいように聞こえては来るが。

 さて衆議院での議論では、自衛隊派遣の範囲がどうなるのか、そして法文上歯止めがきくのかの質問が多かったような。
 歯止めについて表面上の言葉での答弁はあるのだけれど、具体的なものはない。さらに求めると、政治情勢を適切に判断するとか、敵に判断を知らしめられないとか言って答えないわけだ。本来それは答弁できなくて立ち往生する場面なのだが、単に心臓が強いだけ、というか厚顔無恥というだけのことではないだろうか?

 後方支援は武力行使ではないと言い張った事も思い出す。武力行使ではないからリスクは増えないと言ってみたものの、国際法では後方支援は武力行使そのものだと指摘されて、ぐだぐだ言うばかり。
 何か答弁していればマイッタとはならないと思い込んでいるようだ。

 そう言ったことも再度追求が必要だろうが、この法案のメリットと言っている点も正すべきだろう。
 すなわち、
アメリカ軍に協力することにより日米同盟が強固になり、抑止力が増え、日本が戦争に巻き込まれることは少なくなる
 というお話である。

 アメリカ軍に協力しないとアメリカに見捨てられると思っているからと言われているが、そんなことを答弁するのだろうか?現在の日本の強力が不足していると具体的な指摘を受けたのか、それは特定秘密と言うのかも知れない。
 アメリカが中国と親密な会議をしていたり、オバマが中国との友好な関係を強調したり、少なくとも中国と敵対してくれるとは思いにくいのだが、どう考えているのか。

 いろんな事を聞いてほしい。もし、アメリカとの外交上答えられませんなんて言わしたら成功なのでしょう。

 どちらにして突っ込みどころ満載のお話だから、国民みんなで楽しめることでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丁寧な説明とは都合の悪いことは答えないことのようだ 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる