飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 新国立競技場の新たな展開

<<   作成日時 : 2015/07/17 22:50   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 新国立競技場の建設費が高すぎるとして新たな展開を見せた。だがその三文芝居に騙される人も少ないと思うのだが、あまりにも堂々と芝居をやるものであっけにとられている。

 ちょうど前日に安藤忠雄氏の記者会見があり、それを最大限利用している三文芝居でもある。

 建設計画を白紙撤回するに当たり森元総理との話し合いが必要だったというから、この巨額のバカ計画はその人が推進していたと分るというものだ。別に難しい推理ではない。

 でも政府広報誌は安藤忠雄氏の予算は精緻に見なかったとの発言を引いて、彼の責任のごとく解説する。しかしこれに騙される人はどの程度いるのだろうか?

 それよりもほんの少し前に文科大臣が決定したと発表したはずだが、その判断と今の判断は何が違うのか、記者は質問しなかったのだろうか?全メディアが質問しなかったというのであろうか?もしそうならば全メディアは政府広報誌なのだろう。

 今頃になって、あのデザイナーの作品は実現しなかったものが多いと言う。それは常識らしい。そのうち、安藤氏も建築家ではなくデザイナーであると言い出すかも知れない。それに近いという人もいるようだ。
 そんな人と知らず建築家安藤忠雄と信じてこの仕事をお願いした人に責任があるに決まっているではないか。

 そしてその後建設費が高騰したときに見直しもせず、有識者会議なるものは強行し文科相も追認したわけだ。
 だが、ここがポイントなのだが、なぜ今回見直したのかだ。解説では国民の反対が多かったという。それを政府に問いたださないといけない。
 メディアがやる手もある、もう一つ国会でやる手もある。もし、政府がメディアの解説通り国民の意見をくんでなんて言うのなら、では原発もTPPも戦争法案も白紙にせよ、と言うべし。

 暴走政権は新国立競技場で新たな展開をし、国民の支持を得ようとしているのかも知れない。だがこれも利用しない手はない、そう思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新国立競技場の新たな展開 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる