飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しい政治状況の始まりだ。

<<   作成日時 : 2015/07/15 23:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

 暴走政権の強行採決があり、新しい政治状況が始まると思いたい。

 60年安保の時はもっとすごかったという。当時の学生運動が大規模デモを行い、警官隊ともみ合い混乱があった。その時の記憶はほぼ無いけれど、当時の政治状況は今とはまるで違うと思う。

 当時は社会党の勢力が強く、小選挙区以前の共産党も今よりは勢力が強かった。その政治対立を国会周辺デモが表していたと思う。学生運動はその後さらに過激になり、政治勢力とは乖離していったのだが、そのプロセスは見てきたような気がする。

 今回の法案の最大の問題は違憲であり、国民が明確に反対していることだ。60年安保については自民党支持層は賛成していたと思うし、自民党支持者も多かったと思う。その後の選挙でも社会党は一度も多数をとれなかったことからして、せいぜい賛否半ばすると考えた方が正しいと思う。

 当時の学生の過激さや、組合活動による大動員による人数の多さを言うのは分るが、現在の世論調査での説明不十分の声の大きさは半端じゃない。法案そのものへの反対も半数を軽く超えている。
 現在の方が60年安保より反対の声は大きいと私は思う。

 国会周辺ほかのデモも誰かが動員したのかと言えばそんなことはない。普通の母親、若者、高齢者など雑多な人々だ。リベラルの崩壊が言われて久しいがこれだけの人が実際に集まった。
 昔サイレントマジョリティーと言われた。サイレントだから分らないのだが、現在の世論調査はそれを分らせてくれるのだと思う。

 過去の政権は辞任することで反対運動が収まってしまったが、今回もそれを狙うかも知れない。だがそんなことで終わらせてはならない。この暴走政権は審議を続けると国民の反対が大きくなると判断して急いだのだろうが、もう遅い。国民は気がついてしまった。
 今デモに参加しているのはサイレントマジョリティーのごく一部だ。

 法案に反対する人たちの分野が多い。弁護士や医者や作家や映画監督や学者達。戦争経験者や経験させられる若者達、広く広がっている。
 こういった人たちがこの法案阻止に向かう。大きな政治的流れが始まるだろう。

 この動きは始まったばかりであり、安部暴走政権の終わりまで進むことだろう。だが、法案をなき物にした後も続くことが望まれる。政治の国民無視はこの法案だけではないからだ。この流れが大きくなるためには逆説的な言い方だが、法案が成立してから廃案にするほうが時間と精力を要するわけで、その方が良いとまで思ってしまう。

 政治屋たちが勝手に立候補し、その中からしか選択肢がないような状況から脱するためにも、新しい政治状況を引き寄せる必要があろう。
 政治の劣化を止めるのは国民の力であり、義務でもあろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
60年安保で国会までは行かなかったけど、日比谷公園の集会には参加しました。
日米安保は旧安保から見ると改善なのですが、新規締結のように見られてました。
デモに参加したのは、それより強行採決の民主主義破壊、への抗議が勝っていました。
ましま
2015/07/17 10:06
ましま さん コメント有り難う御座います。
安保の内容よりも強行採決への反対ですか!
その後の政治を見過ぎているせいか、強行採決を普通の出来事と見てしまいそうです。
日米安保は賛否両方ありというものだったのでしょうね。
飯大蔵
2015/07/17 22:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
新しい政治状況の始まりだ。 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる