飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 問題発言は百田氏ではなく自民党議員のものだろう

<<   作成日時 : 2015/06/27 00:03   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 最初百田氏の発言を問題視したような印象だったが、それは一民間人の発言で表現の自由で逃げる話だ。だが議員の言った話は逃げられない。メディアもそこに向き始めたようだ。
「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」(自民党議員)
 「不買運動を経団連などに働きかけてもらいたい」(自民党議員)
 「テレビの提供スポンサーにならないということが一番こたえる」(自民党議員)
「沖縄のメディアは左翼勢力に乗っ取られている。なんとか知恵をいただきたい」TBS
 総理はこんな風に言う。
「自由民主党がいわば、企業に圧力をかけ、スポンサー降りろとか、そんなこと考えられない。それは当然それぞれの企業が判断されるわけであります」TBS
 テレビ会社のトップを呼びつけたり、文書を送りつけたりしたのはどこの党だったのか、あるいは賃上げを要求してそれを成果としたのもどこの党だったのだろうか?説得力0である。
 こんなことも言う。 
「報道の自由というのは民主主義の根幹である。当然尊重されなくてはならないというのが安倍政権の立場であり、そして自民党の立場でもあるわけです。自民党は誤解されることがないように、しっかりと襟を正しながら、報道の自由は守りながら、しかし主張すべきことはしっかり主張していく」TBS
 報道の自由を阻害することを自分の党の議員が言ったのに、何とも無責任な発言であること。それとも、文中にあるように誤解だと言うのだろうか?

 百田氏がとんでもないことは分っていたことだし、安倍首相を取り巻く人たちの振る舞いも予想のついたことではあった。しかし、このようにあからさまになるのはどこかにスパイでもいるのかと疑う気持ちには成るが、表に出ることは絶対的良いことであり必要なことである。

 ここまで国民を馬鹿にする政権も珍しいと思う。いい加減に国民は、内閣を支持するとおべんちゃらを言うのを辞めるべきだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自民党若手の劣化〜「勉強会」の波紋〜
自民党は27日、安倍晋三首相に近い議員でつくる勉強会「文化芸術懇話会」で、沖縄の地元紙をはじめ報道機関を威圧するなどの発言が出た問題に関連し、懇話会代表の木原稔・党青 ... ...続きを見る
虎哲徒然日記
2015/06/27 19:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
問題発言は百田氏ではなく自民党議員のものだろう 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる