飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 島をとられても目を覚まさない人たち

<<   作成日時 : 2015/06/29 22:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 大問題発言の中にある一つの発言、「あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」
 誰が目を覚ますのか、ここでの文脈から言えば沖縄の人々のはずだが、もし本当に尖閣諸島がとられたら戦争をなめている現政権が目を覚ますのだろうと思いたい。

 というのも、日本のどこかの島はすでに占領されているからだ。それは北方領土ではない、そうあの竹島だ。

 竹島の日を制定せよとある団体は強く主張している。だが政府は一向に動きを見せない。特に最近は日韓の外交関係が正常化されると喜びすぎだ。その中で竹島の問題はもう終わった話なのだろうか?
 政府の目は覚めたのだろうか?教科書では日本政府の見解を生徒に教えるらしいが、政府の閣僚たちに教えなくて良いものなのだろうか?

 かつて韓国は軍事国家だった。朝鮮戦争後の反共の強かった時代。なぜか日本に対しても強硬な時があった。そしてそれをアメリカは黙認した。なんと韓国は対馬までとろうとしたのだった。
 日本政府が竹島について健忘症になっているのはアメリカが認めているせいなのだろうか?アメリカには逆らわない親米右翼のなせる技なのか?

 アメリカの後を追いかけていく何とも情けない戦争法案を進める人たちは、アメリカの認めた侵略にはなすすべもない。島をとられても目を覚まさない指導者はいらないと思わないのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
島をとられても目を覚まさない人たち 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる