飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法記念日に思う

<<   作成日時 : 2015/05/04 00:56   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 毎年の憲法記念日には多くの会合が開かれるが、今年は改憲派の集会報道がやけに多いと感じる。自民党の憲法無視に対する世論が良くないので宣伝をしているつもりだろうが、逆効果ではないだろうか。

 改憲派の主張の特徴は、その理由が抽象的であることだ。あるいは具体的なことはあるのだが露骨に嫌がられるので言わないだけなのかも知れない。

 街行く人にインタビューすると大体ある範囲の答えになる。
1.GHQが作った
2.出来てから時間がたっている
3.時代に合わない
4.自衛戦力がない
5.権利を主張しすぎる

 これらは自民党などが宣伝している内容と酷似しているが、人は納得して語っているのだろうか?

 1.確かにGHQが方針を出し具体的な案を出した。だが、日本政府もそれに沿って作った。だが、60年以上も国民は変えるべきと判断しなかった。
2.3.時間がたって状況の何が変わったのかだ。憲法が出来た至近では北朝鮮の侵攻があった。今の北朝鮮の脅威とどこが違うのか?
4.自衛戦力で言えば、最近の政府見解は個別自衛権はあるだったから、すでに解釈改憲が終わっている。しかも今の憲法が出来た時にも、個別的自衛権が持てないという観念はなかったとの説もある。
5.現在の公共の福祉に反するで十分規制できるのではないか。権利を主張しすぎると感じる人は公共の福祉に反する規制を実施すればいいのではないかと思う。

 憲法改正は今の憲法に何らかの不都合があっった場合にそれを変更する必要がある。何が不都合なのか、議論のスタートはそのはずなのに、どこか違う。

 各党のコメントが出た。
自民党は「憲法改正案について政党間協議の手続きに早期に入るべきだ。自民党としては党の憲法改正草案をベースとしつつ、衆参の憲法審査会で幅広い合意を得るための努力を続けていく。憲法改正は国民の意思でできることを、国民に実感してもらうためにも各党で憲法改正の一致点を見いだす努力を行っていくことが重要だ。憲法は国民の手で今の日本にふさわしい内容としなければならず、自民党は全力で取り組む」としています。NHK
 なぜ変えるのか、「今の日本にふさわしい内容」と言うだけだ。

 自民党草案には明確な狙いがある。それは、世界で活動できる軍隊を持つこと、国民の権利を制限できることだ。

 民主党は訳が分からない。
よいものを、さらによくするとの共通認識に国会や政党が立脚したうえで、丁寧な議論を進めていく
 両方の意見があるから、分らなく言わねばならない。

 公明党も抽象的になった。
公明党は新たな理念を加えて補強する『加憲』が最も現実的で妥当
 維新の党は「閉塞(へいそく)感から脱却するため」と言う。
維新の党は道州制や首相公選制の導入など、『効率的で自律分散型の統治機構』を確立するための憲法改正
 道州制は憲法改正しなくても出来るのでは。首相公選制は確かに憲法改正を要するが、現状の何が問題で何が良くなるのだろうか?しかも道州制との関連はどこにあるのだろうか?

 共産党、社民党は堅持という。
「安倍政権は憲法9条を踏み破り、日本を海外で戦争する国に作り替えるための戦争立法を国会に提出し、力ずくで押し通そうとしている。共産党は戦争する国づくりへの暴走をストップさせるために全力を挙げる。戦争立法を許さないという一点での幅広い国民的な共同を広げる先頭に立って闘う決意だ」
 戦争する国にさせないこと、それだけを主張すれば明確だ。

 次世代の党、
「憲法は不磨の大典ではなく、現実とのかい離や時代の要請に応じた内容に正すのみにとどまらず、日本固有の歴史や思想、文化を踏まえ、国民の主体的な発意で自主的に制定されるべきだ。次世代の党は国民とともに、今後も自主憲法の制定の実現にまい進していく」
 これは興味がわく。具体的な話は聞いてみたいと思う。例えば日本固有の歴史文化を踏まえたら、どんな憲法になるのだろう?
 国民が主体的に天皇大権を定めるなんて、面白すぎないか?

 残りの党はそれなりに言っているだけだ。

 さて国民は最近の解釈改憲に対し否定的だ。当然に改憲の方向性についても否定的と見るべきだろう。だから自民党は改憲の中身を言わないのだろうと思う。でも漫画版はかなり露骨だが。

 政治家たちは国民に提案するのなら何が不都合なのかそこから議論を始めるべきであろう。あまりにもいい加減な話をしすぎだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法記念日に思う 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる