飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 上西小百合議員の行状について

<<   作成日時 : 2015/04/08 02:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 なんと3時間弱の記者会見、皆さん元気だ。そう上西小百合議員と橋下氏の記者会見だ。動画はこちら

 全部聞くのも疲れるので飛ばし飛ばしきいた。上西小百合議員の行動などをまとめておこう。

 12日昼頃近くの医療機関に行った。医者から聞いた診断は神経性何とかとあやふやで、安静とか日にちとかは聞いていないと主張。
 診断書を取材したところによればウィルス性の腸炎で3日の安静が必要とのこと。この違いは、医者が説明しなかったか、医者の説明が理解できなかったのどちらか?
 そして議員は医者にかかったときには診断書をもらうようにしているという。だからこの時には本会議を欠席するとは決めていなかったみたい。

 12日の夜、8時以降店に3軒行った。1件目が飲み屋、2件目がショーパブ、3件目がスナックらしい。この情報は記者の話であって、議員は分からないと連発する。酒は飲んでいないと主張。
 昼には体調が悪く、少し良くなったから夜行ったと。行った先で悪化した。同席者が医者で、その医院でビタミン注射を打ってもらったと。意味不明だが突っ込みはなし。

 12日の夜は一睡も出来なかったという。

 13日朝タクシーに乗って東京駅に行き新幹線で大阪に行った。診断書は(秘書が)党の国体にだして本会議欠席を伝えたと。大阪では別の秘書が大阪の一人暮らしの住居に送った。

 14日は一日中静養していた。行事予定は秘書に代理出席させた。

 15日から宮津方面に出張あるいは旅行に行った。支援者への挨拶などは私的なものか公的なものかは議論の分かれるところだろう。


 翌日に本会議があるのに夜に出かけた事が大問題だろう。以前から約束があったことを散々主張したが、本会議はもっと大事な約束ではないのだろうか?

 議員の資質を論じる前に、社会人の資質を論じるべきだろう。


 それにしても、バカの集まりのような記者会見であった。議員は当然のこと、秘書もピシッとしない。そして記者たちのバカさ加減がひどすぎる。こんな程度ではまともな取材は決して出来ないだろう。

 そうした中でバカでない人物が一人。橋下氏だ。彼はどこに問題があるのか言ってしまった。それだけは賢明ではなかったと思う。
 彼の作戦は、マスコミの強引な取材と旅行(公務)の痛み分けを狙ったものと推測するけれど、それは失敗したようだ。それが記者会見全体の失敗になり、維新からの追放につながったのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上西小百合議員の行状について 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる