飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS いわゆる「大阪都構想」なるもの

<<   作成日時 : 2015/04/20 22:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今大阪市ではいわゆる「大阪都構想」なるものの説明会が連日行われている。報道では全会場が満席とのことである。住民投票が来月にも行われると言うことで、関心が高いのか分からないとの声もあり、最低投票率の定めがないことが不安視されていたが、そんな不安はないようだ。

 説明会では、事務局の説明に続き橋下市長の「都構想」の思いを延々とやるらしい。法律では行政はきちんと説明すべしと決まっているそうで、思いを述べることがそれに適合しているのか疑問もある。
 橋下市長は野党側にも参加を呼びかけたと言う。それは説明会後の討論会への参加だったはずだ。討論会への参加がないと判明した時には双方が参加しないのが普通だ。少なくとも思いを説明会で述べることは穏当ではない。

 だがこうした動きを見ていれば、大阪市議会の野党議員たちの動きが良いとかうまいとかは全く感じない。それが多くの人が言う今までの大阪はだめだと言うことを示している。

 この構図は2年ぐらい前の堺市であったことだ。当時の堺市長選挙では都構想を巡る市長選であり、昔橋下氏に支援を受けた現職と維新候補の一騎打ちだった。接戦で堺市を守る方が勝ったのだが、そこには市長候補個人の評価が関係していたと思う。
 だが、今回は野党側にスターがいない。同時に既存政党が見せてくれる夢が乏しい事も大きな要因である。

 いわゆる「大阪都構想」というけれど、その中身は大阪市廃止構想である。大阪市が廃止されれば、現在の大阪市民は大規模開発への発言権を大阪府民の立場でしか主張できなくなる。自身の近隣に大型開発が来ようとも、区議会での反対は大阪府には取り上げられない事になるわけだ。
 それは二重行政を廃するからだが、廃止されない自治体には論議する権利も拒否する権利も残る。

 大型開発を一本化して進めるには反対者はいない方がよい。だがこの理屈を通せば、関西州で進めた方がよいとか、国がすべてを決めればよいとなる。それはどこかで線を引かねばならない話なのだが、なぜ大阪市だけが邪魔なのか、分かる人はいないだろう。

 大阪市を廃止しても、数多くの事務組合が残る。民営化されようとしている市営地下鉄や上下水道も分割できない事業だ。消防や健康保険、ゴミ処理なども分割より統合にむかっている時代に反しているわけだ。
 身近に行政がくると言うが、具体的に何が来るのか示しているのだろうか?各区で選べばよいと言うが、それを実現できる予算がなければ出来るはずもなく、重点以外の削られたサービスがどこまで落ちるのか示さなければ選択できないだろう。

 いろんな論点はあるのだろうが、それを分かったと感じている人はほとんどないと思う。説明会に押しかけている人たちも、少しでも分かろうとして参加しているのだろうが恐らく今されている説明では、やはり分からないだろう。
 同時に反対している野党の説明でもやはり分からないだろう。

 
 私は大阪市民ではないから投票する権利はない。大阪市がつぶれて大阪市民が不利益を被ろうと構わない。それこそが自己責任だからだ。だがそれが波及してほかの自治体も巻き添えにすることは辞めてもらいたいと思う。

 私自身の判断を言えば、これはどっちが良いとの判断ではなく、どっちがより悪くないとの判断である。今の既成政党の支配する大阪も良くはない。だが、維新が行えばそこには破壊しかない。確かに大阪は変わるが、より悪い方向に変わる。そういう結論だ。
 その理由は今までの実績だ。やろうとしたこと、部分的にやろうとしたことのくだらなさは目に余る。その判断にはデメリットが考慮されないからだ。
 その案に対して、周囲が何とか止めて大けがに至っていないのが現状だ。だから、目に見える実績は何もない。

 いや一つあるのは黒字化だ。でも事業でも給料でも切れば黒字化にはなる。サービスを落とせば黒字化は出来るが当たり前のことだ。市役所がサービスをやめれば存在価値はない。そう言うことだ。
 都構想が実現していないから出来なかったのだと言うだろう。そのうち別の理由を探してくるだろう。

 大阪市民に賢明な判断をお願いしたい。一つ言うたいことは、分からない時は動かない方が良いことだ。手遅れになると人は煽るが、それが正しいことは少ないと私の人生経験が言っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いわゆる「大阪都構想」なるもの 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる