飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 政治家からおもちゃを取り上げたい

<<   作成日時 : 2015/03/13 00:17   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 昔から聞いていた話。軍人は世間を知らないから政治をすると何をするか分らない。だから軍人に政治をやらせてはならないと。

 あの戦争で言えば、外交は政治であり、それを軍事だけで判断するからあんな事になったと。

 昔の映画ではチャップリンが地球儀型風船で遊ぶシーンがあった。それはヒットラーが世界をおもちゃにして楽しんだとの批判だ。
 ヒットラーは元伍長だから軍人が世界をもてあそんだと見るのだろうか?でも彼の生きた時間の多くは政治家であったと思う。とすれば政治家も世界をもてあそぶ事になるとの教えだろう。

 日本でも軍人と文民との力関係うんぬんがいわれているが上記の話からすれば、どっちもどっちにならないか。

 日本の政治家たちはこんな議論をする。
安全保障法制の整備で焦点となる、自衛隊による外国軍隊への後方支援を可能にする恒久法について、政府がまとめた全体像が明らかになり、国連決議ではなく、国連以外の国際機関や地域的機関からの要請に基づく活動も支援の対象として検討するとしています。一方、周辺事態法の改正では、地理的な制約がないことを明確にするため、「周辺事態」に代わって「重要影響事態」という新たな概念を用いることを検討しています。NHK
 「重要影響事態」って何のことと思うが、余り大変なことではないみたいだ。でも誰かが言ってきたら後方支援という武力行使を行うとね。

 そして
公明党の与党協議のメンバーらが夕方開いた会合では、出席者から「国連決議のない場合、イラクなどで自衛隊が行った活動と比べて、支援の内容や活動の範囲がどの程度拡大するのか不明確だ」という指摘が相次ぎました。
そして、自衛隊の活動に歯止めをかけるため、政府に派遣の要件をより具体的に説明するよう13日の与党協議などで求めていくことを確認しました。   
 反対したぞとアリバイを作り、妥協するのでしょうね。

 さらに
民主党は、安全保障総合調査会を開き、PKO活動に参加する国連職員などが攻撃を受けた場合に、自衛隊が武器を使って救援する、いわゆる「駆け付け警護」について、武器使用の制限などPKO参加5原則の条件を満たした場合などに限り容認する方針を確認しました。
 やっぱり容認するとのことだ。

 この政治家たちは日本や日本の軍事をおもちゃにしていないだろうか?
 彼らからおもちゃを取り上げるべきだと思うのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
知育玩具
【知育おもちゃ人気ナンバー1】子供の想像力アップ ...続きを見る
おりこうクマタン 口コミ
2015/04/01 14:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政治家からおもちゃを取り上げたい 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる