飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 石油と満州は生命線

<<   作成日時 : 2015/03/04 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 最近の国会は格調が低い上に乱暴で粗雑だと思う。それは昔の議事録を見れば違いが分るからだ。

 最近の議論
民主党の枝野幹事長は、中東のホルムズ海峡に機雷が敷設された場合の掃海活動について、「確かに石油が急に、『あしたからきません』ということになれば、経済的にも社会的にも大変な問題が生じるが、武力攻撃を受けた場合と同視できるような話かといえば、それは明らかに次元が違う」と指摘しました。
これに対し、安倍総理大臣は「石油が入ってこなければ、電力の供給に死活的な打撃を与えるのも事実で、当然、命に関わることも起こりうる。われわれはありうると考えており、新3要件に当たるかを冷静に客観的に判断し、国会の関与も議論している。エネルギー源を失うというのは生活の基盤を失っていくことにつながり、根底から覆されるという可能性があるなかでは当然、法的な対応を可能にしておくのが政治の責任に当たる者の立場だ」と述べました。NHK
 「大変な問題」「次元が違う」「生活の基盤を失う。」「根底から覆される」・・・こんな言葉で具体的なイメージは分らない。というかどうにでも解釈できる話だ。

 でも違うメディアでは全く違う議論なのだ。
「国民の多くが餓死する状況でなければ、武力攻撃を受けたのと同様の被害とはいえない。封鎖されても、餓死しない手段があれば当たらないのではないか」と追及した。

 これに対し、首相は「多くの人が餓死しなければ要件に当たらないとは考えていない」と反論。「石油が突然遮断されると相当なパニックになる。法的な対応を可能にしておくことが政治の責任だ」と述べ、機雷除去のために集団的自衛権を行使するケースを、枝野氏の指摘より広くとらえる見解を示した。毎日
 「国民の多くが餓死する状況」はかなり具体的な危機だ。だがこれへの返答が「多くの人が餓死しなければ要件に当たらないとは考えていない」では酷いだろう。これの意味は「一人でも死んだら要件に当たる」なのだ。これでは議論にならない。「相当なパニック」では何のことか分らない。

 答弁はやはり変だが、「国民の多くが餓死する状況」が入るだけで議論の中身が分るというものだ。

 このやりとりでは過去の国会答弁が使われている。
武力攻撃と同様の被害とは何か−−。これを明らかにするため、枝野氏はまず、他国が食料や生産物資の輸送路を断ち、日本を危殆(きたい)(非常に危険な状態)に陥れる手段を講じた場合は「外部からの武力行使に該当する」とした1954年の木村篤太郎保安庁長官(当時)の国会答弁を確認。
 これの原文を調べてみた。
○木村国務大臣 ただいま御質問の要旨は、海上封鎖がいわゆる七十六条の外部からの武力攻撃に該当するかどうか、端的に言えば、そういう御質問であろうと考えております。そこで今お話のごとく、この周囲海に包まれておる日本を武力をもつて海上封鎖をし、日本の国民の糧道を断ち、あるいは生産物資を断つ、そうして日本を危殆に陥らしめるというような手段を講ずるならば、それはまさに外部からの武力攻撃に該当するものと私は考えております。と申すのは、一国が独立国家として、国民の生命財産を保護して行かなければならないことは当然であります。その生命線を奪うような封鎖をする。これは申すまでもなく、直接武器を持つて日本へ侵入して来たと同様な効果を現わすのであります。もちろんかような場合には七十六条の外部からの武力行為に該当するものと私は考えております。
第019回国会 内閣委員会 第19号 昭和二十九年四月五日(月曜日)
 原文を見れば分るように「輸送路を断ち」ではなく、「日本の国民の糧道を断ち、あるいは生産物資を断つ」なのである。枝野氏の言った輸送路を立つは原文を知った上で言葉を変更したのだろうか?もしそうならば、政府の議論に乗っかっていると言える。

 昔の国会答弁は日本を海上封鎖するケースを論じているのであって、どこかがあいているのであれば枝野氏が言う「封鎖されても、餓死しない手段があれば」に該当する。このケースでは武力行為になるかは状況次第だろう。
 
 日本が太平洋戦争での敗戦直前、当時の機雷などによる海上封鎖、食糧危機そういった状況は国民の共通認識だ。アメリカが行った海上封鎖が武力行使であることは当たり前のことだ。
 この事を示した後、ホルムズ海峡封鎖が日本周囲の封鎖とは次元が違うと議論すればはっきり分るというものだ。枝野氏はこのように言ったのかも知れない。もしメディアがそれを脚色したとすれば、犯罪だ。
 そのことは国会議事録を見れば分るのだが、この手の議事録は私の経験ではかなり遅れる。

 安倍政権は石油は日本の生命線だと言っているようだ。それはかつて朝鮮半島は日本の生命線、満州は日本の生命線だに繋がっているように聞こえるのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石油と満州は生命線 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる