飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛隊の邦人救出・・・正気なのだろうか?

<<   作成日時 : 2015/03/01 23:53   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 自衛隊の邦人救出を議論しているらしい。
政府・自民党は、安全保障法制の整備で焦点のひとつとなっている、自衛隊による海外での邦人救出について、派遣の要件を満たすかどうかは、NSC=国家安全保障会議で判断したうえで、派遣は閣議決定の手続きを経るなど、慎重に検討する仕組みをつくる方向で調整を進めています。NHK
 自衛隊を海外に武力を持って派遣して良いか、考えているらしい。だがその前に邦人救出が容易に出来ると思っているのだろうか?

 世界で最大最高の軍隊を持つ国は当然ながらアメリカだ。だがアメリカ人が誘拐され殺害もされている。なぜ世界最強のアメリカ軍は救出に向かわないのだろうか?

 アメリカには憲法9条はないし、世界中に軍隊を派遣してきた国だ。あるいはCIAなどが国家犯罪を繰り返してきた国でもある。その国の国民が殺害されても何もしないのに、日本の自衛隊が何をするのだろうか?それをまず踏まえておくべきだろう。

 そして政府は、
日本人がテロなどに遭遇した領域国の同意があり、その国の権力が維持されている範囲で救出活動に当たれるようにしたいと説明し、自民党はこうした提案を支持しました。NHK
とのことだ。

 あるいは
実際に要件を満たして救出活動が行われる可能性について、政府関係者は「現実的には、大使館の占拠事件といった、現場が正確に特定されているうえ領域国の軍隊では対応できない場合などに極めて限られる」
 どんなケースを考えているのか、本当に分らない。

 領域国の政府が承認しないといけない。それは自衛隊が攻撃されないための必要条件である。だがその政府なるものは「権力を維持している」状態にあるわけだ。にも拘わらずその軍隊では対応できないテロ集団があるという。対応できない権力とは何だろうか?

 こういうケースなら分る。正当と認めてきた政府が内戦などで力を失い、その援助に入る。南ベトナムのように。ウクライナ政府のように。

 とても出来もしない邦人救出論をこね回し、軍隊派遣の屁理屈をつくらんとする。もういい加減にしたらどうなのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛隊の邦人救出・・・正気なのだろうか? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる