飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 東電は無能力なのだろうか?

<<   作成日時 : 2015/02/25 23:43   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 屋上にたまった放射性物質が雨の降るたびに流出していたという。
東京電力は24日、福島第1原発2号機の原子炉建屋の屋上に高い濃度の汚染水がたまっていたと発表した。一部が雨どいなどを伝って排水路に流れ、外洋に流出したという。22日に汚染水が流出した場所とは別の排水路。昨年4月以降、放射性物質濃度の上昇が確認されていたが、東電は濃度のデータを約10カ月間公表せず、国にも報告していなかった。
東電は流出は分っていたが調査に一年弱かかったという。
データを公表しなかった理由について、東電は「原因調査をして結果が出てから公表しようと考えた」と説明している。毎日
 調査能力がないのか、本気がないのか、こんな者たちに任せるべきなのか?

 雨の都度流出すると言うことは、まだ放射性物質が残っていると言うことで、いまだに出続けるのは相当の量の物質が残っていることを示している。
 発電所は放射線の濃度が高いところだろうが、それは高すぎて近づけないから放置しているだけであって、可能なところは除染していると思っていたが、全く調査していないことを再認識した。

 しかも汚染水は港湾ではなく直接外海に出ていた。にも拘わらずこんな記者会見をする。
菅官房長官は、午後の記者会見で「東京電力に対し、あらゆる適切な対策を講じるよう経済産業省として指導している。港湾内の濃度は十分低い値であり、港湾外への影響は完全にブロックされ、状況はコントロールされているという認識に変わりはない。地元に現状を説明して理解を求め、対応策をきちんとやっていくことが大事だ」と述べました。NHK
 外海に出ているから港湾内の濃度は余り上がらない。なるほど「コントロール」されていることだろう。

 つぎにこれだ。
また、菅官房長官は記者団が「一連の対応は被災者に寄り添う姿勢とはかけ離れていないか」と質問したのに対し、「その意味は分からない。発生してからすぐに対応しており、放置したわけではない。原因を調査し、たまり水の箇所が判明したのですぐに対応したということだ」と述べました。NHK
 調査に10ヶ月もかかったと知っているのだろうか?知っていて「すぐに」といえるのは心臓の強さを誇示したいのだろうか?それとも、すぐにやったが10ヶ月かかったよと、皮肉を言ったのか?

 東電は無能力で誠意もないと多くの人は認識したことだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東電は無能力なのだろうか? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる