飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子力災害訓練はやっぱりおかしいだろう

<<   作成日時 : 2014/11/03 00:34   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 アメリカでは避難計画は必須だという。日本の計画がずさんだと批判されるわけだが、本当にその論議は正しいのだろうか?
この訓練は、15年前に茨城県東海村で起きた臨界事故を受けて毎年行われており、ことしは震度6強の地震で石川県にある志賀原発2号機の外部電源が失われ、原子炉の冷却ができなくなったという想定で行われました。
総理大臣官邸には安倍総理大臣や関係閣僚が集まり、安倍総理大臣は被害状況の報告を受けて「原子力緊急事態宣言」を行い、福島第一原発の事故のあとに見直された防災指針に基づき、原発から半径5キロ圏内の住民に避難指示を出しました。NHK
 要するに原発がなければ、この災害はなくなるから訓練も要らないわけだ。

 地震や台風や大雨は来るなと要ってもやってくる。避けようがないから避難訓練などを行うわけだ。起こらないようにすることが最も安心な対策だ。
 地震の大きさや大雨の量とか、ここまでやれば絶対大丈夫と言えないから、ある程度の対策をやってそれ以上の時は逃げるしかない訳だ。
 だが原子力はなくせば災害もなくなるものだ。

 昔から言われる対比は自動車や飛行機と比べることだ。自動車事故も起きるし飛行機も落ちる。それでも使い続けるのは、それが必要だからで、リスクとメリットが釣り合っていると言うことだ。

 原子力は絶対安全で、コストも低いと言われていたのはすでに神話となっているはずだ。そのリスクに対抗できるメリットはどこにあるのだろうか?

 電気は原子力でなくとも作れる。飛行機の利便性は船では出せず、飛行機は必須だ。自動車も同じだ。代替があるのに同じだとはとても言えない。現に原子力がほとんど無くても普通の生活が出来ている。それが実証だ。

 避けられるものを避けられないと言われて、逃げる練習をするのはやっぱりおかしい。逃げなくても良いようにすること。それが原則だろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子力災害訓練はやっぱりおかしいだろう 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる