飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカに人権を語る資格なし

<<   作成日時 : 2014/11/27 00:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 アメリカで未だに人種差別があることは周知の事実だろう。今回の黒人射殺の件も人権問題を抜きにしても、真実を明らかにしないと収まらないと思う。

 しかも死んだ黒人は発言できないのに、射殺した警官の発言のみ報道されるようでは、公正さを著しく欠くと言わざるを得ない。
白人の警察官「仕事を全うしただけ」
11月26日 11時50分

白人の警察官「仕事を全うしただけ」
大陪審が起訴しないことを決めた白人の警察官が、25日、アメリカのテレビ局のインタビューに応じ、「警察官としての仕事を全うしただけだ」と述べ、少年に発砲した判断に間違いはなかったと主張しました。

白人のダレン・ウィルソン警察官は、25日に放送されたアメリカABCニュースのインタビューに、大陪審の決定後初めて応じ、緊張した様子ながらも淡々と当時の様子を語りました。
この中で、ウィルソン警察官は、少年を尋問しようとしたところ何度も殴られたと話したうえで、少年の印象についてとても大きく、力も強そうだったと話しました。
そして、少年を射殺したときの状況について、「逃げた少年を追いかけたところ、少年がズボンの中に手を入れて、突然、自分の方に向かって突進してきた。命の危険を感じて発砲した」と話しました。
そのうえで、「警察官としての仕事を全うしただけだ」と述べ、少年に向けて発砲した判断に間違いはなかったと主張しました。
さらに、少年が白人だったら同じことをしたかという質問に対し、ウィルソン警察官は、「もちろん同じことをした」と答え、人種によって判断が左右されることはないと主張しました。 NHK
 殴られた後で発砲したとも言っていた。
 もっと変なのが、殴られるほど弱いのに、追いかけるのかだ。当然応援を呼んで向かってきても捕まえる体制を取らないとおかしいだろう。相手が立ち向かってきたら射殺するしかないことは事前に予測できるというものだ。

 大陪審がどのようなものかよく分らないが、陪審員制度と同じようなものだという。それは非公開なのだろう。公開の場で審議をしないと収まらないと思う。

 デモには白人も多く参加していた。アメリカ社会の闇を表に出そうとの主張だと思う。アメリカは他国の人権問題を語る前に、自国の問題に真剣に対応するべきだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカに人権を語る資格なし 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる