飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮との交渉はこれで良いのか?

<<   作成日時 : 2014/10/20 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 北朝鮮が約束した調査結果を出さず、その代表は情報を持っていないという。情報を知りたければ平壌に来いと言った。実にふざけた話だ。

 交渉は双方対等である事を示すためだろうか、第三国で実施されてきた。北朝鮮国内で行うことはその対等性を大いに損なうことだ。北朝鮮がその国内でしか話をしないとすれば、交渉決裂を視野においたと言っても良いはずだ。日本側も制裁解除を元に戻すことも検討しないといけないだろう。

 そんなことを政府は本当に考えたのだろうか?
政府としては、北朝鮮の特別調査委員会から調査の現状について直接説明を受けるために、政府担当者をピョンヤンに派遣することとした
派遣するメンバーは、日朝の政府間協議を担当する伊原アジア大洋州局長らになるNHK
 まったく北朝鮮のペースト言えるのではないだろうか?

 かつて南北対話があったときに、韓国が闇金を出した事が後で明らかになった。それは韓国内での政治情勢にプラスとの判断であった。
 今回の交渉も非常にうまくいくとの前評判があった。それは政府の成果であると宣伝されたし、今後もそうありたいと考えているのだろう。

 こういった変な交渉経緯を家族会の人たちは大いに心配している。だがNHKはその思いと発言を少しねじ曲げて報道しているようだ。
飯塚さんは「私たちには長年、北朝鮮にだまされ続けてきた経験と悔しさがあります。担当者の派遣には、まかり間違えば大変な危険性があり、現段階では効果があるとは思えない」と話しました。
増元るみ子さんの弟の照明さんは「『拉致問題が最優先課題であり、これまでの死亡説明は受け入れられない』ときちんと伝え、被害者を帰すか帰さないか北朝鮮に決断を迫る以外、派遣の意味はないと思う」と話しました。
横田めぐみさんの母親の早紀江さんは「拉致された被害者の安否が40年近く分からないという状況はあまりにもおかしい。政府には、もっと厳しい姿勢で臨んでいただきたい」と求めました。NHK
 強硬に行けと家族会が言っているような引用の仕方だ。

 だがテレビに映った早紀江さんはこんな事を言っていた。「子供を帰せと強く言って欲しいが、交渉の仕方は政府に任せる。うまくやって欲しい」と。動画を流しつつ、テキストを差し替えるNHKは何なのだろう?
 
 交渉方法についても家族会に責任の一端を担わせようとしているが、結果を出せと家族会は言っているのだろう。

 政府は人気取りではなく、もっと毅然とした態度で、結果を出して欲しいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮との交渉はこれで良いのか? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる