飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 本土でのオスプレイの拠点整備って何?

<<   作成日時 : 2014/09/23 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 どうにも不思議な記事があるものだ。
仲井真知事は「政府には、沖縄の過重なアメリカ軍基地による負担の解消に向けて取り組んでほしい」と述べたうえで、普天間基地の5年以内の運用停止や、新型輸送機オスプレイの拠点を普天間基地から県外に移すことなどを求める要望書を手渡しました。これに対し、江渡大臣は「沖縄県の要望を沖縄県民皆さんの要望として真摯(しんし)に受け止め、可能なかぎり、目に見える形で負担軽減に努めていきたい」と述べ、普天間基地の2019年初めまでの運用停止や、本土でのオスプレイの拠点整備を目指すなど、基地負担の軽減に全力で取り組む考えを強調しました。NHK
 話は合っているように見える。すなわち、オスプレイの拠点を移して欲しいと言ったから、本土での拠点整備をすると。

 回答も変なのだが要望も変だろう。仲井真知事は埋め立てを承認し基地を作ろうとしているのだがオスプレイはそこには配備しないように要望している?とすれば新基地にはオスプレイ以外の軍用機が来るのだろうか?海兵隊の基地に海兵隊を運ぶ飛行機を配備しないなんておかしいだろうと思うのだが。

 おかしな要望に応えてしまえば、政府の行動もオスプレイの来ない基地を建設することになってしまうわけだ。だが別のメディアを見ればどうも様子が違う。
江渡氏は、「本土での訓練拠点の整備を進めたい。目に見える形で一歩一歩進める」と応じ、沖縄の基地負担軽減策に引き続き全力で取り組む考えを伝えた。読売
 拠点は拠点でも訓練拠点だ。毎日も共同も同じだ。

 この話、普通に考えればこうだろう。
 負担軽減と本土でのアピールのため訓練を本土でも行う。辺野古が五年以内に完成しないので、一時的に全機本土に仮移転させることも考えておきたい。しかし最終的には辺野古に配備する。そうでなければ新基地の意味がない。本土での訓練は一定割合維持する。

 NHKは県外移転要望を簡単に蹴ることが良くないとして、拠点整備などと言ったのだと思うが、これは報道なのだろうか?それとも創作なのだろうか?それを確実に判断できる材料は持ち合わせていない。

 この件で重要なことを追記しておきたい。
知事は、県内のオスプレイ24機全ての県外配備や、普天間の5年以内の運用停止、普天間や米軍嘉手納飛行場(同県嘉手納町など)の騒音軽減など計11項目を要求した。共同
 要求は厳しいものだと思う。
 もう一つ。
江渡聡徳防衛相は22日、那覇市で仲井真弘知事と会談し、米軍普天間飛行場の移設に伴い名護市辺野古の周辺住民が抱える基地負担への補償策を検討していると表明した。反発が強い辺野古への移設に対する地元の理解を促すのが狙い。共同
 ここで言う地元とは名護市全域ではない。周辺の千人オーダーのことだ。少々ばらまいても総額は少ない。最後は金目でしょうと聞こえる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本土でのオスプレイの拠点整備って何? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる