飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 注目すべきは日米のガイドラインだ

<<   作成日時 : 2014/09/20 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 NHKはこんな風に報道する。
日米両政府は、日米防衛協力の指針、いわゆるガイドラインの見直しの中間報告を取りまとめるため、来月上旬に、東京で外務・防衛の担当局長らによる協議を行う方向で調整を進めており、日本政府が先に閣議決定した集団的自衛権の行使容認を、どの程度まで中間報告に反映させるかが焦点となります。
(中略)
集団的自衛権の行使容認を、どの程度まで中間報告に反映させ、アメリカ軍が武力攻撃を受けた場合の自衛隊の行動などについて、どこまで盛り込まれるかが焦点となります。
 閣議決定された内容をガイドラインに盛り込むことを政府は考えている。そしてその内容に沿って法律を変える、それが日本政府のストーリーだと私は思う。

 ニュースの途中に少しずれた文言がある。
日本政府の関係者は、「集団的自衛権の行使を可能にする関連法案の全体像が明らかになっていない段階で、具体的な内容を盛り込むのは難しい」と話しており
 卵と鶏の関係か、ガイドラインが先か法律が先か、それが問題なのだろう。

 日本政府はガイドラインにのっているからアメリカの指示であると称して国会を通したいわけ?アメリカはそんなものの口実にされては評判を落とすから避けたい。これがどっちが先か考えてみようの心かな?

 いずれにしても注目すべきはガイドラインである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
注目すべきは日米のガイドラインだ 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる