飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 慰安婦問題に関する朝日新聞の劣化を憂う

<<   作成日時 : 2014/08/06 01:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 朝日新聞が慰安婦問題について二日に渡り書くようだ。冒頭の論説慰安婦問題の本質 直視をでは
5日の特集では、慰安婦問題とは何かを解説し、90年代の報道への読者の疑問に答えます。
と言って、質問に答える形で書いている。その中で
そうして報じた記事の一部に、事実関係の誤りがあったことがわかりました。問題の全体像がわからない段階で起きた誤りですが、裏付け取材が不十分だった点は反省します。
 これにより一部の記事を取り消したと述べている。朝日新聞はこれを反省しているのだろうか?

 続いてこんな風に書く。
 こうした一部の不正確な報道が、慰安婦問題の理解を混乱させている、との指摘もあります。しかし、そのことを理由とした「慰安婦問題は捏造」という主張や「元慰安婦に謝る理由はない」といった議論には決して同意できません。
 「慰安婦問題の理解を混乱」させたことを朝日新聞はどう考えているのか?捏造派の批判をすることにより自身の責任を曖昧にする態度は許せないことです。

 設問に対する答えはこんな記事です。
「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断
〈疑問〉日本の植民地だった朝鮮で戦争中、慰安婦にするため女性を暴力を使って無理やり連れ出したと著書や集会で証言した男性がいました。朝日新聞は80年代から90年代初めに記事で男性を取り上げましたが、証言は虚偽という指摘があります。
■読者のみなさまへ
 吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。済州島を再取材しましたが、証言を裏付ける話は得られませんでした。研究者への取材でも証言の核心部分についての矛盾がいくつも明らかになりました。
 記事を取り消したのは2014年のことなのだろうか?記事中にある本(吉見義明・川田文子編「『従軍慰安婦』をめぐる30のウソと真実」(大月書店、1997年)は1997年と自分で書いているのに今まで記事を取り消さなかったのか?表面上を繕うことすら思いつかない記者はどんな人物なのか?
「元慰安婦 初の証言」 記事に事実のねじ曲げない
〈疑問〉元朝日新聞記者の植村隆氏は、元慰安婦の証言を韓国メディアよりも早く報じました。これに対し、元慰安婦の裁判を支援する韓国人の義母との関係を利用して記事を作り、都合の悪い事実を意図的に隠したのではないかとの指摘があります。
■読者のみなさまへ

 植村氏の記事には、意図的な事実のねじ曲げなどはありません。91年8月の記事の取材のきっかけは、当時のソウル支局長からの情報提供でした。義母との縁戚関係を利用して特別な情報を得たことはありませんでした。
 先ほどのものと同じく証言によるものだ。その証言を虚偽かどうか検証しないのでしょうか?近い指摘を「都合の悪い事実を意図的に隠したのではないかと」書いている。だが、それに対する答えはない。特別な情報は得ていないと言うが、特別な情報を隠していないとは言っていない。要するに必要な答えをしていない。

 特別な情報とは文中にある。
元慰安婦がキーセン(妓生)学校に通っていたことを隠し、人身売買であるのに強制連行されたように書いた
金さんは同年12月6日、日本政府を相手に提訴し、訴状の中でキーセン学校に通ったと記している。
 記事はもっと早く書かれていて、その時点ではキーセンの情報はなかったと正当性を主張する。ではこの誤認をどこかで訂正したのだろうか?報道の姿勢としてはそれが重要だと思う。

「挺身隊」との混同 当時は研究が乏しく同一視
 挺身隊とは何か、朝日新聞ならすぐに調べられると思うけどね。

「軍関与示す資料」 本紙報道前に政府も存在把握
 宮沢首相の訪韓時期を狙った記事なのかとの議論。今頃話題にする必要はないのでは。それよりも内容の理解だ。
この記事は、防衛庁防衛研究所図書館所蔵の公文書に、旧日本軍が戦時中、慰安所の設置や慰安婦の募集を監督、統制していたことや、現地の部隊が慰安所を設置するよう命じたことを示す文書があったとの内容だった。
 これらの文書がここに書いてある事を示すのか、それこそが重大事なのである。

 そのうちの文書の一つ「軍慰安所従業婦等募集に関する件」について書いているが、朝日は文書名すら書かない。
 記事で紹介した文書の一つは、陸軍省副官名で38年に派遣軍に出された通達。日本国内で慰安婦を募集する際、業者が「軍部の了解がある」と言って軍の威信を傷つけ、警察に取り調べを受けたなどとして、業者を選ぶ際に、憲兵や警察と連絡を密にして軍の威信を守るよう求めていた。

 西岡力・東京基督教大教授(韓国・北朝鮮地域研究)は著書「よくわかる慰安婦問題」で「業者に違法行為をやめさせようとしたもの。関与は関与でも『善意の関与』」との解釈を示した。

 これに対し、永井和・京都大教授は「善意の関与」との見方を否定する。永井教授が着目するのは、同時期に内務省が警保局長名で出した文書。慰安婦の募集や渡航を認めたうえで、「軍の了解があるかのように言う者は厳重に取り締まること」という内容だった。

 永井教授は、業者が軍との関係を口外しないよう取り締まることを警察に求めたものと指摘。そのうえで、朝日新聞が報じた陸軍省の文書については、著書「日中戦争から世界戦争へ」で「警察が打ち出した募集業者の規制方針、すなわち慰安所と軍=国家の関係の隠蔽(いんぺい)化方針を、軍司令部に周知徹底させる指示文書」との見方を示している。
 最初の段落の要約で抜けているのがこれ。wiki
 
募集の方法が誘拐に類し警察当局に検挙取調を受ける
 社会問題上遺漏なきよう配慮
 これが「善意の関与」に繋がる部分であり、省略することにより西岡力・東京基督教大教授の言うことを分らなくさせている。
 対する永井和・京都大教授は「善意の関与」を否定すると書きながらその理由をずらした観点で説明した気になっている。文章が普通に読める人には、記者の知性を疑うのに十分だ。
 しかも結論を書かない。つまり「これらのことにより朝日新聞は永井教授の見解をとる」との結論だ。これを書かないと朝日新聞の見解は書けないと思う。
強制連行 自由を奪われた強制性あった
 〈疑問〉政府は、軍隊や警察などに人さらいのように連れていかれて無理やり慰安婦にさせられた、いわゆる「強制連行」を直接裏付ける資料はないと説明しています。強制連行はなかったのですか。
■読者のみなさまへ

 日本の植民地だった朝鮮や台湾では、軍の意向を受けた業者が「良い仕事がある」などとだまして多くの女性を集めることができ、軍などが組織的に人さらいのように連行した資料は見つかっていません。一方、インドネシアなど日本軍の占領下にあった地域では、軍が現地の女性を無理やり連行したことを示す資料が確認されています。共通するのは、女性たちが本人の意に反して慰安婦にされる強制性があったことです。
 この疑問は過去の記事に関することではない。現在の認識を問うものだ。

 97年の特集としてこんな認識を示す。
 日本の植民地下で、人々が大日本帝国の「臣民」とされた朝鮮や台湾では、軍による強制連行を直接示す公的文書は見つかっていない。貧困や家父長制を背景に売春業者が横行し、軍が直接介入しなくても、就労詐欺や人身売買などの方法で多くの女性を集められたという。一方、インドネシアや中国など日本軍の占領下にあった地域では、兵士が現地の女性を無理やり連行し、慰安婦にしたことを示す供述が、連合軍の戦犯裁判などの資料に記されている。インドネシアでは現地のオランダ人も慰安婦にされた。

 97年の特集では「本人の意思に反して慰安所にとどまることを物理的に強いられたりした場合は強制があったといえる」と結論づけた。
 おおむね正しい認識だと思う。だが何故これが読者の皆様へと書く結論に変わるのか理解に苦しむ。
日本の植民地だった朝鮮や台湾では、軍の意向を受けた業者が「良い仕事がある」などとだまして多くの女性を集めることができ、軍などが組織的に人さらいのように連行した資料は見つかっていません。
 非常にどぎつい書き方だ。
 「軍が直接介入しなくても」を「軍の意向を受けた業者が」と代え、「軍による強制連行」を「軍などが組織的に人さらいのように連行した」と代えることにより、大きくニュアンスが変わる。こんな事だけには優秀な能力を持っているようだ。
一方、インドネシアなど日本軍の占領下にあった地域では、軍が現地の女性を無理やり連行したことを示す資料が確認されています。共通するのは、女性たちが本人の意に反して慰安婦にされる強制性があったことです。
 間にインドネシアなどの例を入れ、「共通するのは」と書くことによって、朝鮮や台湾も同じと思わせるやり方、姑息。
 
 インドネシアなどでは意に反して慰安婦にされた例があると書かれているが、朝鮮台湾ではとどまることを強いられる強制性が書かれている。インドネシアなどの例を勝手に拡大しているわけだ。文章を順に見ていくだけで嘘が分るような下手なものをよく書くと思う。姑息でドジだ。

 朝日新聞はトップの新聞と思っていたしそういう評価が多かった。だが今の朝日新聞は劣化が激しい。それを認識していない朝日新聞が痛々しいと思う。

 日韓の離反は韓国にとっても日本にとっても損失だ。だがこれを期待する勢力は当然ある。それはアメリカであったり中国であったりする可能性があるのだが、どう思われるでしょうか?朝日新聞はどう思っているのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
慰安婦問題に関する朝日新聞の劣化を憂う 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる