飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 首相こそ「平和ぼけ」だ

<<   作成日時 : 2014/08/05 01:25   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 毎日新聞の投書の題、それが首相こそ「平和ぼけ」だである。その通りだ。

 こんな風に書く。
安倍首相には引き金を引く兵士の心理も、殺されていく戦友の気持ちも理解できない。これこそ「平和ぼけ」というのだ。戦場のリアリティーを感じることなく、「私が最高責任者」とはまさに平和ぼけした者だけが口に出来ることであろう。
 この通りだ。

 兵士の心理が分るなどの高度の事柄をあの人が理解しているはずもない。その意味ではこの投書jは期待しすぎと言わざるを得ない。

 それよりも私が平和ぼけと感じたのは、あの人が言う言葉だ。
 例えば、掃海艇は木製だから脅威ではないと。相手が戦争の手段として設置した機雷を撤去したら攻撃されるに決まっている。脅威であろうと無かろうが、攻撃を受けるのであり立派な戦闘行為だ。そして相手が攻めてきたら逃げればよいとね。脆弱な木製の船が被害もなく逃げられると思っているのだろうか。
 全く戦争を知らない平和ぼけである。
 しかも経済的な危機で戦争を仕掛けると言ったのだけれど、それがどれほどの発言なのかも分っていない。それは宣戦布告一歩手前なのに。

 日本人を乗せた船を守ると言うが、それを世界中で行うつもりなのか?一般的にそれを行うとすれば世界のすべての国に戦争を仕掛けると言ったに等しいのだけれど、分っていないようだ。戦争が分っていないと言うべきか「平和ぼけ」というべきか。

 アメリカを助けたら、日本を助けてくれると言わんばかりだが、少なくとも対中国に関してはアメリカは大国同士の関係を維持すると言っている。現実にアメリカがどのような戦略をとるのか、見つめることが必要だろう。アメリカが行ってきた事はまさに戦争の歴史なのだが、「平和ぼけ」した頭にはそんな風には見えていないようだ。

 もっと多くの人が気がつくべきだと思う。
 今の自民党ほど「平和ぼけ」の進んだ政権はないだろう。日本をおもちゃにして欲しくないと思う。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
集団的自衛権行使反対、若年層で7割
 7月1日の集団的自衛権閣議決定から1カ月余りたった。当時”国民世論は、「難しい」 だ”と題して次のように書いた。各新聞社等が世論調査をしているが、朝日、毎日対 ...続きを見る
反戦塾
2014/08/05 11:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
首相こそ「平和ぼけ」だ 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる