飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘイトスピーチより警察がデモに付き添っているように見えるほうが・・・

<<   作成日時 : 2014/08/31 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ヘイトスピーチで厳しい勧告があったと報道されている。
国連人種差別撤廃委員会
東京や大阪を中心に在日韓国・朝鮮人を中傷するデモが最近活発になっていることを受け、同委員会は今回、「ヘイトスピーチ」問題について初めて勧告した。委員会はまず、ヘイトスピーチについて「デモの際に公然と行われる人種差別などに対して、毅然と対処すること」を求めた。

 また、ネットなどのメディアやデモを通じてヘイトスピーチが拡散している状況に懸念を表明。「ネットを含めたメディア上でのヘイトスピーチをなくすために適切な措置をとること」などを求めた。ヘイトスピーチにかかわる官僚や政治家への適切な制裁を促した。さらに、ヘイトスピーチの法規制や、人種差別撤廃法の制定を要請した。朝日
 人種差別と言うより特定の立場にある人たちに対する威嚇であって、これを取り締まる法律はヘイトスピーチ法でなくても存在すると思う。

 それよりもこんな報道の方がよほど衝撃的だ。
人種差別撤廃条約の順守状況を監視する撤廃委員会は20、21日、4年ぶりとなる対日審査を実施。委員からは「ヘイトスピーチは暴力による威嚇だ」「警察がデモに付き添っているように見える」など厳しい声が相次いでいた。毎日
 ヘイトスピーチをする団体に警察が付き添っていたとすれば、警察がヘイトスピーチをしたのと同等ではないか。日本の警察何故抗議をしないのだろうか?まさか警察がこの威嚇を表現の自由であると認定したのであろうか?

 そういえば町でけたたましく大型のホーンスピーカーを鳴らす車両を取り締まろうともしない警察はよく目にするが、同じ事だろうか?

 日本の権力の異常さがようやく国連の目にとまった、放置ではなく保護であることが世界にばれたと言うことなのか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘイトスピーチより警察がデモに付き添っているように見えるほうが・・・ 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる