飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 愚かな政権は愚かな閣議決定をする

<<   作成日時 : 2014/07/01 23:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 公明党はついに目覚めぬまま愚かな閣議決定になったようだ。
政府は臨時閣議を開き、これまでの憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定し、戦後日本の安全保障政策は大きな転換点を迎えました。
とメディアは報道するが本当に集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定したのだろうか?
 それはこの文章によって表現されているとする。
「日本と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、日本の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険がある場合に、必要最小限度の実力を行使するのは自衛の措置として憲法上許容されると判断するに至った」
 確かに他国に対する武力攻撃とあるけれど、日本の存立を条件とするならばそれは個別的自衛権に収まってしまう。
 むろん、国民の広範な権利侵害や危険を感じる感性によっていくらでも拡大解釈はできるけれど、集団的自衛権の総てをこれで容認したとは到底いえない表現だろうと思う。

 だがこの政権のトップの論理にはそんなの構わないとの乱暴な議論があるのだろう。
「『集団的自衛権が現行憲法のもとで認められるのか』といった抽象的、観念的な議論ではない。国民の命と平和な暮らしを守るため、現行憲法のもとで何をなすべきかという議論だ」NHK
 抽象的、観念的な議論は良くないだろうが、「現行憲法のもと」と言うだけよりはるかに良い。少なくとも『集団的自衛権が現行憲法のもとで認められるのか』との議論をすっ飛ばしては憲法無視になることは明白なことだ。
安倍総理大臣は、「例えば海外で突然紛争が発生し、逃げようとする日本人をアメリカが救助・輸送しているとき日本近海で攻撃を受けるかもしれない。わが国自身への攻撃ではないが、日本人の命を守るために自衛隊がアメリカの船を守る。それをできるようにするのが今回の閣議決定だ」と述べました。
 今回の閣議決定でどのようにこの事例が可能となったのだろうか?日本人の命を守ることは集団的ではなく個別的自衛権で可能だ。もし集団的自衛権を行使するのなら、突然紛争が発生したときにすぐに参戦しなければならない。たとえその船にアメリカ人だけで日本人が乗っていなくても参戦すること、それが集団的自衛権だ。
 今回の閣議決定で個別の日本人の命を守ることは「国民の権利」を守る表現に当たるだろう。だがかつて自己責任と言い放った政権があるように、そのときの状況による政治的判断であって、自衛権の議論とは別の話だ。
安倍総理大臣は、集団的自衛権の行使について、「ほかに手段がないときに限られ、かつ必要最小限度でなければならず、現行の憲法解釈の基本的考え方は今回の閣議決定においても何ら変わることはない。自衛隊がかつての湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことは、これからも決してない」と述べ、行使容認が限定的なものであることを指摘しました。
 憲法解釈がなんら変わらないとしながら、上記の例は可能になるという。こんな人と付き合いたいと思いますか? イラク戦争には行かないけれど戦争中の機雷掃海には行くと言う。こんな矛盾を平気で口にする人が国のトップでいてほしいでしょうか?
安倍総理大臣は、「『外国を守るために日本が戦争に巻き込まれる』という誤解があるが、そのようなこともありえない。むしろ万全の備えをすること自体が日本に戦争を仕掛けようとするたくらみをくじく、大きな力を持っている。これが抑止力だ。今回の閣議決定によって、戦争に巻き込まれるおそれは一層なくなっていく」と述べ
 万全の備えが抑止力につながることは確かだろう。だが今回の閣議決定のどこが万全の備えになるのだろうか?
 例えば日本を攻めたら、アメリカが出てくるので攻めないで置こう。これが抑止力ではないのだろうか?だが日本の領土を攻めたら「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」によってアメリカが協力してくるとの条約は古くから存在する。これは有効ではないのだろうか?

 実はこれには理由があるらしい。すなわちアメリカからの見捨てられる心配をしているようだ。今日聞いたのだがその中心は外務省らしい。そして外務省は外交をするには軍事力が必要というらしい。彼らには外交を行う資格はないだろう。
 そしてその理屈によれば、アメリカにおべんちゃらをすればアメリカがより助けてくれるので抑止力が上がるということらしい。そう思うならはっきり言ったらどうだろうか?

 NHKのテキストにはないが、武力行使には国会決議が必要との発言も。これをテキスト化しないのは言質をとられないとの配慮なのか?
 さらに民主主義国家は慎重に判断するとも言っている。今の日本は民主主義国家なのだろうか?第一民主主義国家だから自衛権をどうかするとの判断には関係ないはずなのだが。

 こんなわけのわからないことを口走るのは何故なのだろうか?この発言は誰かが書いた原稿なのだろうか?そのあたりが本当に怖い。

 だが、もしこのこの動きがアメリカに従ったと見せて、実はしたたかに日本の動きを見せる企みだったらすごい。アメリカからの派兵要請に対して拒否するようなことを考えているのならすごいのだけれど!!!

 閣議決定文  国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愚かな政権は愚かな閣議決定をする 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる