飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 集団的自衛権と詭弁

<<   作成日時 : 2014/06/13 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 公明党はさぞ困っているだろう。北川さんの困惑した顔もなんとも。創価学会がタブーを破ってコメントを出したようで、それを無視も出来ない。しかし、政府は執拗に妥協を迫る。こうなれば詭弁しかない。
公明党内では集団的自衛権の行使を容認する事態を極めて限定することで、自民党と合意できないか模索する動きが出ています。
具体的には、「国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底からくつがえされるという急迫、不正の事態には自衛の措置を取ることは容認される」とした昭和47年の政府の見解を引用して、こうした事態に限定して集団的自衛権の行使を容認するというものです。NHK
 引用してというがこれはつまみ食いだと言う。
【資料3】昭和47年10月14日 参議院決算委員会提出資料「集団的自衛権と憲法との関係」(***)

…(略)…平和主義をその基本原則とする憲法が、右にいう自衛のための措置を無制限に認めているとは解されないのであって、それは、あくまで外国の武力攻撃によって国民の生命、自由及び幸福追求の権限が根底からくつがえされるという急迫、不正の事態に対処し、国民のこれらの権利を守るために止むを得ない措置としてはじめて容認されるべきものであれから、その措置は、右の事態を排除するためとられるべき必要最小限度の範囲にとどまるべきものである。そうだとすれば、わが憲法の下で武力行使を行うことが許されるのは、わが国に対する急迫、不正の侵害に対処する場合に限られるのであって、したがって、他国に加えられた武力攻撃を阻止することをその内容とするいわゆる集団的自衛権の行使は、憲法上許されないといわざるを得ない。こちらから
 最後を省略して逆の結論にするのは詭弁ではなくインチキだが、今の公明党が決着を図るにはこれしかないと考える人もいるのだろう。

 政府はとにかく「集団的自衛権」という言葉を入れたいと考えている。小さく産んで大きく育てる事を考えているわけだ。だから制約条件はいくらついても良いが、将来の拡大解釈のために曖昧なものにしたいのだろう。

 ここでの制約条件「国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底からくつがえされるという急迫、不正の事態」は個別的自衛権の条件だと思うが、今の政府には日本語が通じないから、どうにでも言うだろう。だから、妥協はして欲しくないと思う。

 こんなに乱暴なことばかりしていては、日本も他の国と変わらない「普通の国」になってしまったのだろうか?いや、まだ美しい日本を知っている日本人がいると信じたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
集団的自衛権と詭弁 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる