飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本」の「オリンピック」とは何だろう

<<   作成日時 : 2014/02/13 01:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 NHKのニュースの殆どがオリンピックであり、普通のニュースはその隙間を埋める存在だ。そのニュースが些細な事かと言えば、病院のベッドを減らし、病人を放り出す法律であったりするわけで、「オリンピック」の一つの利用法かも知れない。

 もう一つ気に障るのがその取り上げ方だ。日本の選手団は多くの種目に出ているはずなのだが、報道が注目するのはメダルが取れそうな種目のみだ。メダルが取れることで視聴率が上がると言うことなのだろうか?それは本当のことなのだろうか?

 私には何となく、日本人は偉いと思え、頑張れ日本人と彼らが強いているように思えるのだ。メダルを取れない選手は駄目、稼げない日本人は駄目、国内にいる日本人は駄目などなどと余計な想像まで混じってしまうわけだ。

 こうした中、元オリンピック選手が選手側から見た重圧を記事に出したようだ。結果不振選手批判はブラック企業の論理 為末大が書いたものだ。

 最後の文章のみ引用しておく。
マラソンの円谷幸吉さんが重圧に押しつぶされ、自殺をしたのは1968年(昭43)だった。日本はあれから、どの程度変わったのだろうか。
 「日本」が選手に重圧をかける「オリンピック」とは何だろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日本」の「オリンピック」とは何だろう 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる