飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKの「国連軽視」もひどいものだ

<<   作成日時 : 2013/09/04 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 シリア攻撃に関してアメリカフランスが国連決議とは無関係に攻撃を検討している。これを「国連軽視」と見るようだ。

 その中でのNHKの報道も国連軽視ではないかと見える。
(国連のパン・ギムン事務総長は)アメリカやフランスが国連安保理での決議を得ずに軍事行動を検討していることを巡って、「今後の行動は、科学的な根拠に基づき国連憲章の枠組みの中で安保理が主体となって決められるべきだ。国連の原則では、自衛権の行使以外の武力の行使はあくまでも安保理での承認が必要だ」と述べ、各国に安保理を重視するよう訴えていく姿勢を示しました。NHK
 「国連憲章の枠組みの中で決められるべきだ」と書く。これは事務総長の主張なのだろうか?
 「国連の原則では承認が必要だ」と書く。原則があれば例外がある。原則通りやるべきだと事務総長は主張したのだろうか?

 国連憲章を出しながらそれは枠組みに過ぎず、国連の原則もそれに従うことを主張したとする。国連とは何かを主張する存在なのだろうか?

 この文章は国連のHPに載っている。後半部分の比較的近い翻訳は毎日新聞にある。
「武力行使は、国連憲章に基づく自衛権の発動か、国連安全保障理事会の承認がある時のみ合法」
 その原文はこのようだ。
He appealed that any decision that is made is done so within the framework of the UN Charter.

The use of force is lawful only when in exercise of self-defense in accordance with Article 51 of the United Nations Charter and/or when the Security Council approves such action, said Mr. Ban.
 私が仮に訳します。
彼はいかなる決定も国連憲章の枠組みの中でなされるとアピールした。
 武力行使は国連憲章51章に従った自衛に沿ったもの、安保理が承認したものに限り合法だ。と事務総長は言った。
 国連憲章はアメリカも批准している。アメリカはそれをあからさまに無視している。事務総長はそれを言っただけであり、新たな主張をしたわけではない。
 アフガニスタン侵略は自衛権行使であり合法だが、イラクは大量破壊兵器があると勝手に主張した国連憲章違反であることは現在では明白なことだ。それを知った上でNHKの文章を読めば、国連軽視をしているのはNHKであると感じるわけだ。

 世界は国連憲章で動いているわけではないとNHKは教えているのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHKの「国連軽視」もひどいものだ 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる