飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS デモ隊を治安部隊が排除して良いものなのか?

<<   作成日時 : 2013/08/14 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 簡単にこう書く
エジプトの首都カイロで軍による事実上のクーデターに抗議して座り込みを続けてきた数千人のデモ隊に対し、治安部隊が強制排除に乗り出し、多数の死傷者が出ています。NHK
 「デモ隊」と書けばいくら「隊」を使って軍のようなものだと示唆しても、あくまでもデモをする団体でしかない。
 「治安部隊」といえば治安を乱す団体などに対応する部隊のはずだ。相手が治安を乱す存在だとこの表現で主張するのだろうか?

 だが続く記載ではこうなっている。
エジプトでは先月3日、事実上のクーデターが起きて以降、1か月以上にわたって、大統領職を解任されたモルシ氏の支持母体、ムスリム同胞団のメンバーらが、首都カイロ市内の2か所の広場で、座り込みによる抗議活動を続けていました。
これに対して、エジプトの暫定政府側は、座り込みをやめるよう呼びかけながらも、イスラム教の断食月、ラマダンの間は、強制的な排除に乗り出すことを控えていました。
 座り込みを行っていたと言うのだ。これが治安を乱す行為であるかどうかは国によっても違うかも知れない。だがその説明はない。
 そしてこうなった。
こうした中、治安部隊は14日朝、ついにデモ隊が座り込みを続ける広場に突入し、強制排除に乗り出しました。
 力による支配とさせないために欧米諸国は働いたと言う。
欧米諸国などが相次いで仲介に乗り出しましたが、暫定政府は7日、各国の外交団の努力は失敗したとする声明を発表。
 これがアリバイ作りであると、誰でも分かるのではないでしょうか。

 エジプト情勢に詳しいわけではないけれど、欧米によって歪んだ像を見せられてもある程度の形は見えるというものだ。

 そして、デモ隊を排除するのが当たり前と宣伝するところに、格段の注意を払うべきだと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デモ隊を治安部隊が排除して良いものなのか? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる