飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイ配備に関する政府説明は変でしょう

<<   作成日時 : 2013/08/13 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ヘリコプター墜落後に政府はこのように対応したと報道されている。
政府は今後のオスプレイ配備や普天間飛行場の県内移設への影響を懸念し、事故当日の5日、岸田氏や防衛省がオスプレイ追加配備の延期とHH60の運航停止を米軍に求め、米軍も直ちに応じた。菅氏は6日の記者会見で「(米側が)日本の要請を踏まえたと承知している」とアピール、仲井真氏は「通常と違って素早く対応してくれた」と驚きをのぞかせた。毎日
 これに呼応して
米海兵隊は5日夜、墜落事故を受けて、米軍岩国基地から普天間飛行場に追加配備予定のオスプレイ10機について、配備を延期すると発表した。海兵隊は「日本側の求めに配慮した」とし、今後の配備については「近い将来再開する」としている。毎日
 最初から延期は一時的であり、米軍の都合で再開すると報道はされていた。だから12日に配備をしても不思議ではない。だが、日本が延期を要請したのなら、それはどうなったのだろうか?
安倍晋三首相は12日、首相官邸で記者団に対し、オスプレイの配備再開について「住民の生活を第一に考えていく。同時に、日米の合意を適切に実施していくよう、米側と緊密に連携を取っていきたい」と理解を示した。その上で「沖縄の負担が少しでも軽減するよう、全力を挙げていく」と強調した。毎日
 これのどこに日本の要請が吹き飛んだ話があるのだろうか?そもそも要請したことを覚えているのだろうか?さらに、マスコミもすっきりと健忘症になったのだろうか?

 第一、住民の生活にオスプレイが必須なのか、沖縄の負担軽減に必須なのだろうか?せめて、「日米の安全保障のための政策だから理解して欲しい」と言えないものか?「おまえたちのためになることを考えている。だから反対しているオスプレイをやる。」なんておかしな論理を示さないで欲しい。変でしょう。

 政府もマスコミも狂ったのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オスプレイ配備に関する政府説明は変でしょう 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる