飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本艦艇フィリピンの海上に進出せり

<<   作成日時 : 2013/07/27 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんな表題だ。首相 フィリピンの海上警備支援伝える NHK
 ついに日本の艦艇はフィリピンの海上警備に進出すると思うだろう。中身はこんな事だ。
東南アジアを歴訪中の安倍総理大臣は、最後の訪問国フィリピンでアキノ大統領と会談し、フィリピンが南シナ海の島々の領有権を巡って、中国と対立していることを踏まえ、巡視船10隻を供与するなど、海上警備能力の向上を支援する考えを伝えました。
 総理大臣が「中国と対立していることを踏まえ」と言ったのだろうか?もしそうだとしたら、実は大変なことではないだろうか?首相の言葉として伝えられているものを列挙する。
「すべての関係国が国際法を順守し、一方的な行動を慎むべきだ」
「関係国が責任ある行動を取るよう協力することで誓い合いたい。国際法に基づき、平和的な解決が図られることを期待している」
「フィリピンは、日本にとって基本的価値観と多くの戦略的利益を共有する戦略的パートナーだ。両国関係をさらに強化させていきたい」
 意味深ではあるが直接の対立と表現なしていない。戦略的利益は生臭い表現ではあるがビジネスの戦略などと使うこともあり、今や普通の表現になっている。
 だから「中国と対立していることを踏まえ」て支援すると言えば大変なことなのだ。

 これが武器供与となるとわざわざ伝えているが、その中身は正しいのだろうか?
巡視船は「武器」に分類されることから、いわゆる「武器輸出三原則」で外国への輸出が認められていませんでしたが、おととし12月に事実上緩和され、平和への貢献や国際協力で使用する場合に限るなど一定の条件の下で輸出が認められるようになっています。
 巡視船は「武器」に分類されると書いているがそれほど単純なことだろうか。wikiによればインドネシアへの巡視艇供与の実績があり、「巡視艇であり、防弾ガラスなどの装備により武器に分類されていたもの」となっている。巡視艇だからではなく、その装備による訳だ。極端な話、通常の船を供与しそちらの国で機関銃を積めば武器になるのだろう。

 問題は「武器輸出三原則」だ。おととし12月といえば野田政権の時、官房長官談話として発表されている。
武器輸出新基準 官房長官談話の要旨
2011/12/27 14:15

 武器輸出三原則の新基準に関する官房長官談話の要旨は次の通り。

 米国や、日本と安全保障面で協力関係にある米国以外の諸国と防衛装備品の国際共同開発・生産を進めていくことで、最新の防衛技術の獲得などを通じ、日本の防衛産業の生産・技術基盤を維持・高度化するとともに、コスト削減を図っていくべきだ。

 平和貢献・国際協力に伴う案件については、防衛装備品の海外移転を可能とする。その際、相手国政府への装備品供与は、日本政府による事前同意なく目的外使用や第三国移転がないことが担保されるなど厳格管理を前提とする。

 国際共同開発・生産は、日本の安全保障に資する場合に、日本と安全保障面で協力関係にある国と実施する。目的外使用や第三国移転には日本政府の事前同意を義務付ける。日本の安全保障に資する場合や、国際共同開発・生産における日本の貢献が相対的に小さい場合で、かつ、第三国がさらなる移転を防ぐ十分な制度を持たない限り事前同意はしない。

 武器輸出三原則は、国際紛争等を助長することを回避するという平和国家としての基本理念に基づく。これ以外の輸出は、引き続き三原則に基づき慎重に対処する。日経
 もともとアメリカとの共同開発を可能にするためのものであった。ついでに平和貢献・国際協力に伴う案件が入ったわけで、限りなく国連の活動をイメージしたものだと理解している。国際的に広く平和貢献と認められるには、国連決議に基づくことが必要だろう。だが今回の南シナ海の案件は拒否権を持つ国が関係しているから国連決議が出るはずもないものだ。

 NHKは「平和への貢献や国際協力で使用する場合に限る」と変な引用をする。そしてそう言いながら「中国と対立していることを踏まえ」と書けば完全に矛盾していると思わないのだろうか?

 武器を対立している一方に供与すれことが、平和への貢献になるだろうか?
 日本を紛争に導くとすれば、NHKはその先頭に立つと宣言したのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本艦艇フィリピンの海上に進出せり 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる