飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS TPPの守秘義務について

<<   作成日時 : 2013/07/24 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 TPPに正式に交渉参加が出来るようになったとメディアは大喜びで報道している。その中で膨大なテキストを読み込む100人の侍の話がある。
テキストとは
日本はTPP交渉に参加した23日午後から、これまでの交渉の内容が書かれた「テキスト」と呼ばれる文書を見られるようになりました。
「テキスト」には知的財産や投資などの21の交渉分野で参加国がどのような協議をしているかが英語で詳細に書かれています。NHK 
今まで正式に参加していないので情報はないと政府は説明してきたわけだが、これからは情報はあるので交渉の中身を国民に説明すると誰しも思うだろうがそうはいかない。「英語で」とわざわざ書いたその心は何?
 NHKのテクスト版では簡単にしか見られない。
数千ページに上ると言われるテキストは、ウェブ上で厳重に管理されていてパスワードは交渉官を中心にごく限られた人にしか割り当てられず、原則として印刷しないことになっています。NHK
 放送では情報が出せないことも説明されていた。毎日ではこんな風に解説されている。
一方、参加国に厳しい秘密保持が課されていることも交渉団には大きなプレッシャーとなりそうだ。鶴岡首席交渉官が23日に署名した保秘契約には、交渉中にやりとりした書簡や提案などを協定発効から4年間秘匿しなければならないことが明記されているという。また、協定の素案や交渉経過をまとめたテキストを読めるのは、登録されたごく一部の交渉関係者に限られる。
 「交渉で何を言ったか、何を話し合ったかは保秘義務があり、一切申し上げられない」。23日の交渉初参加後に記者会見した大江博首席交渉官代理は会合でのやりとりについて沈黙を通した。それがTPPの流儀なのだろうが、農業団体などの反対を押し切って交渉参加に踏み切った安倍政権には、国内で情報開示を求める声が高まっている。「政府は難しいハンドリング」(関係者)を迫られそうだ。毎日
 国民に交渉過程をすべて知らせることはないのかも知れない。だが原案とか大まかな推移とか知らせるべき事もあると思う。それを出さないのはヤバイ事を話し合っていると普通に思う。このやり方は民主義国家にそぐわないと思う。

 ついでに、某テレビ番組で問い合わせをしたら、守秘義務の内容についても秘密だそうです。完璧?

 だが面白い記述がある。
経団連など米側見解を聞き取り
TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉会合での情報収集のためマレーシアを訪れている経団連と日本商工会議所の担当者は23日、アメリカの商工会議所の担当者と会談し、交渉の進展状況などについてアメリカ側の見解を聞き取りました。
マレーシアを訪れている経団連と日本商工会議所の担当者ら合わせて7人はTPP交渉会合が開かれている会場近くのホテルでアメリカの商工会議所の担当者と会談しました。
この中で経団連の国際経済本部の上田正尚副本部長は「TPP交渉がどこまで進展しているのか、見解をうかがいたい」とあいさつしました。NHK
 アメリカの商工会議所と直接接触しているようだ。この人たちは保秘義務があるのに何のために集まっているのだろうか?しかもアメリカ側の見解を聞くという。だが次のフレーズは少し違う。
これに対してアメリカの商工会議所の担当者は「日本がTPP交渉に参加して会合を持てることを楽しみにしていました。これから有意義な話し合いをしたい」と述べました。
経団連と日本商工会議所は日本の交渉参加を前にそれぞれが交渉の情報収集をしたり、政府に働きかけを行う専門のチームを設けるなど交渉の進展に強い関心を示しています。
 両者は「話し合い」をするわけだ。その結論によって政府を動かすと言う。情報もないのに交渉をして政府に指示をするらしい。
 そうではなくて実質の交渉はこちらだと思うだろう。しかも彼らは情報を全部知っているとも言えるのではないか?

 表題で「見解」としたのは苦心の跡が見えるが、尻隠さずと言うところだろう。

 TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具(Democracy Now! 日本語)ではアメリカにおいて議員が見られない情報を企業の一部が見ていると語られています。それと合わせてみれば、上記の記述は当たっているわけだ。

 TPPは条約だから国会にて批准されないと発効しません。そのためには国会に条文を提出しないといけません。これは公開されるはずです。しかし、詳細な説明など守秘義務を盾に拒否するのだろうか?メディアはそのときに国民には説明するだろうか?

 国民に知らせず”こそこそ”交渉するTPP、内容を知ったら国民が怒り出すから隠しているという人もいる。そんなものが良いはずはないと、普通の感覚を持っている人なら思うだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TPPの守秘義務について 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる