飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子力規制委員会は審査のポイントを絞っていくのだろうか

<<   作成日時 : 2013/07/17 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 NHKはこんな風に言う。
規制委員会は、今後、原発ごとに審査のポイントを絞っていく方針です。
16日の安全審査では、5つの原発について安全対策の進捗(しんちょく)状況や立地条件に応じて、今後の審査のポイントが指摘されました。
 この文章の前に
規制委員会側から、今後の審査で注目するポイントについて指摘が出ました。
 と出てきて、注目しないポイントがあるのかと疑問に感じていた時に決定打がでたわけだ。「審査のポイントを絞る」っておかしいだろう。

 安全審査なのだからすべてが合格しないといけない。その中でも注目点があり、そこは力を入れる。これが普通だ。

 例えばNHKがポイントの一つに挙げた点は日経では
九州電力は川内1、2号機(鹿児島県)の状況を説明。周囲に桜島や阿蘇山など火山も多く、規制庁から「地震・津波・火山は時間をかけて検討したい」との意見が出た。北海道電力の泊1〜3号機(北海道)は噴火で敷地に積もる火山灰の厚さを40センチと想定したが、「積雪と重なる可能性も考慮すべきだ」との指摘があった。ただいずれも対応は可能とみられる。
 と表現され、これだけに絞るとはどこにもないわけだ。
 こういった表現は毎日でも朝日でも共通している。TBSでもテレ朝でもそんなことは書いていない。

 言ったいNHKはどうなっているのだろうか?
 ポイントを絞って早く審査しろと命令しているのだろうか?それとも会議のやりとりを聞いて、ポイントを絞るはずだと思い込んだのだろうか?

 悪意か能力不足か、判定のつかない事例でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子力規制委員会は審査のポイントを絞っていくのだろうか 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる