飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 意識調査はこんな物で良いのか?

<<   作成日時 : 2013/06/29 22:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 NHKがこんなものを報道する。
この春、就職した新入社員で「第1志望の企業に入社できた」という人は半数程度にとどまり、この5年で最も割合が低かったという民間の調査がまとまりました。
 「この春、就職した新入社員」というのなら、全数調査でないとしても統計的抽出を経た調査だと普通は思うはずだ。続いてこう言う。
この調査は、財団法人「日本生産性本部」などが毎年春に新入社員を対象に行い、ことしは2200人余りから回答を得ました。
 2000人強という数字は母数を考えてもそれほど小さな数字ではない。ただ無作為抽出されていることが必要だ。記事ではこれ以上の説明はなく調査結果を並べるのみだ。

 ネットで調べると実物が見つかった。これだ。
 実施者は公益財団法人日本生産性本部と一般社団法人日本経済青年協議会だ。
調査方法だ。
U.調査の概要
(1)調 査 期 間 :平成25 年3月10日から4月26日
(2)調 査 対 象 :平成25 年度新社会人研修村(国立オリンピック記念青少年総合センター)
に参加した企業の新入社員
(3)調 査 方 法 :同研修村入所の際に各企業担当者を通じて調査票を配布し、その場で調査
対象者に回答してもらった。
(4)有効回収数 :2,275件
 この団体が新入社員研修のための場所を貸している。そこへ来た新入社員に回答を求めた物だ。回答率は不明だ。

 回答者プロフィールがのっている。その中心は男性、大学卒、小売りあるいはサービス業、5000人以上の企業という物だ。
 5000人以上と言えばかなりの大企業だ。この調査は新入社員を代表しているとは言えないと思う。ただNHKも言うように40年以上も調査し続けていることは一定の重みはあるだろう。特定の層の新入社員の意識がどう変わってきたのかという意味においてである。

 偏った統計を一般的であるように偽って報道する。これがNHKのやり方の一つだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
意識調査はこんな物で良いのか? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる