飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS スパコンは世界一を目指す

<<   作成日時 : 2013/05/09 01:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 マスコミはこのニュースが好きなのだろう。京の100倍 新スパコン開発 NHK

 表題には世界一はないが、記事の中にはきちんと出てくる。
文部科学省は、おととし計算速度の世界一を達成したスーパーコンピューター「京」の100倍の性能を持つ、新型のスパコンの開発を来年度から始めることになりました。
日本のスーパーコンピューターは、理化学研究所などが開発した「京」がおととし計算速度で世界一となりましたが、その後はアメリカのスパコンに相次いで抜かれ、現在は世界で3番目となっています。
 (小柳義夫特命教授は)世界一の性能を目指す意義については、「1位を目指す技術と、2位のままでいいという技術は質が違うものだ。最先端のものを実現するため、1位を目指すことは科学にとって重要だと思う」と話しています。
 このニュースは
文部科学省は、来年度から「京」の100倍の処理能力を持つ新型のスパコンの開発に乗り出すことを決め、8日開かれた文部科学省の有識者会議に報告しました。
このことを報道したものだ。有識者会議とは今後のHPCI計画推進のあり方に関する検討ワーキンググループの事だ。有識者会議に文科省が報告することが不思議ではある。

 それが5/8に開催されたわけだが、その前の会の報告書資料2 中間報告案の取りまとめに向けた検討用資料が読める。
 この報告書はスパコンの意義とか開発状況とか利用価値とかそれほどおかしい内容ではない。ただ、民主党が仕分け作業で聞いた、政府が予算を出す意義については明確なものはない。それは民主党が出した宿題であり、未だ果たされていないものである。

 そしてこの資料には「世界一」という言葉は出てこないのである。だから記事が言う世界一は捏造に近い存在であると言うことだ。

 テレビのニュースではあの懐かしい「一番でないと駄目ですか」を流し、科学者たちが反論をし、ネットにある技術者の意見を載せ、民主党を葬ったわけだ。
 これこそが当時も今もマスコミが行う欠席裁判の典型なのだ。スパコンの開発と言えば欠席裁判、私の頭にはその回路が出来てしまった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スパコンは世界一を目指す 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる