飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS メディアは首相の行動を予見しているのか?TPP

<<   作成日時 : 2013/03/15 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 TPPに関しては政府の茶番劇が進行しているようだ。そのシナリオは何故かメディアによって書かれている。
安倍晋三首相は14日夜、自民党外交・経済連携本部の衛藤征士郎本部長らと首相官邸で会談した。衛藤氏が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への政府の交渉参加を容認する同党の決議を提出したのに対し、首相は「日本の国益、国柄を守っていくことを心に刻みながら徹底したい」と応じた。首相は15日に記者会見し、交渉参加を表明する。

 首相は「この機を逃せば議論をする権利を失う。私には大きな責任がある」と述べ、交渉参加が遅れて日本が不利な状況になりかねないことへの危機感を強調。衛藤氏らは、農林水産分野の「重要5品目」や国民皆保険制度などを「聖域」として最優先で確保するよう首相に要請した。

 首相は15日、表明に先立ち公明党の山口那津男代表と会談し、政府方針に了承を求める。また同日付で甘利明経済再生担当相をTPP担当相に任命する。【中井正裕】
毎日新聞 2013年03月14日 21時40分(最終更新 03月14日 23時45分)
 3月14日に書かれた記事には15日の首相の行動が「○○する」と断定的に書かれている。これを不思議と感じないのだろうか?

 アメリカ大統領と会ってシナリオが完成したのだろうが、こんなに露骨にやって良いのだろうか。猿芝居とか茶番劇だとか思う人がどんどん増えることだろう。

 TPPに関してはその大きな問題点が指摘され始めた。全国放送の「モーニングバード」でも主権が危ないといわれた。今のシナリオは、それでも政府は突っ走り、メディアはきちんと指摘したとして国民の敵ではないとのポーズを見せると言うことだろうか?

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メディアは首相の行動を予見しているのか?TPP 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる