飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国の国家主席の発言を勝手に解釈して良いのかNHK

<<   作成日時 : 2013/03/24 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ロシアでの中国国家主席の発言をNHKが報じている。
中ロ両国は互いの主権や領土などの「核心的利益」に関する問題では固く支持し合うと述べるとともに、日本政府による沖縄県の尖閣諸島の国有化は第2次世界大戦後の国際秩序を覆そうとするものだという主張を暗に展開しました。

習主席は「中国は平和的な発展の道を揺るぎなく歩む。中国の国防政策は一貫して防御的なものだ」と述べ、ロシアでも聞かれるいわゆる中国脅威論を打ち消しました。

習主席は日中戦争で中国軍が旧ソビエトからの援軍とともに日本と戦ったというエピソードを持ち出し、「中国の大地で命を落とした英雄のことを中国国民は忘れない」と述べました。
これは、中ロ両国がともに第2次世界大戦の「戦勝国」であり、日本は「敗戦国」だという立場を強調したもので、日本政府による沖縄県の尖閣諸島の国有化は第2次世界大戦後の国際秩序を覆そうとするものだという主張を暗に展開した形になりました。
 「暗に展開しました。」と言うがこれは誰の見解なのか?ここまで来ればすでに報道の領域を超えていて、一方的な偏見に満ちた主張にすぎないのだろうか。

 国内の政治家たちに、勝手に「○○と批判した」と言わしているNHKだけれど、中国の国家主席に「暗にこう言った」と言わして良い物だろうか?
 国際問題にならなければいいのだが。救いはNHKが国家放送ではないことだろうか。嫌危ない、日本国民が悪いと思われたらたまらない。そうではないと言いたいところだ。

 いっそ中国から抗議でも来ればよいと思ったりするのは反日だろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国の国家主席の発言を勝手に解釈して良いのかNHK 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる