飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 「未来の党」に未来はあるか

<<   作成日時 : 2012/12/01 22:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 「未来の党」に未来はあるか、これの見極めは極めて難しい。知事兼務であることの問題は日本維新と同じくあるわけだが、それ以上に小沢の存在が影を落としている。

 小沢を使いこなせなくて官僚は使えないとまで言った嘉田氏だ。十分自信があると見せている。昨日まで党の綱領なるものを見ていて、それが「生活」と酷似していて危ないと感じていたが、今HPを見れば12月2日に政策を発表します。となっている。
 それを見てから、再度考えてみたい。

 さて、今日の毎日新聞夕刊の第一面は嘉田知事が原発再稼働容認との記事だ。
「卒原発」を唱える日本未来の党の嘉田(かだ)由紀子代表は1日午前、原発について「原子力規制委が安全性を担保し、政府が必要だという判断をした場合、再稼働を認める」と述べ、条件が整えば再稼働を容認する考えを明らかにした。未来が掲げる「10年後の卒原発」については「目標」との認識を示した。嘉田氏は11月27日の結党会見で、原発再稼働の是非に言及していなかった。毎日
 ほかの新聞を見れば、発言が微妙に違う。 
日本未来の党の嘉田由紀子代表(滋賀県知事)は1日午前の読売テレビの番組で、原発再稼働について「原子力規制委員会が安全性を担保し、必要という判断を政府がした場合は再稼働になる」と述べ、容認する可能性に言及した。 [時事通信社]
 「再稼働になる」の意味はどうなんだろう。容認の可能性と取ることも可能だろうが、断定の出来るものではないだろう。そして毎日新聞の「再稼働を認める」にならないことも明白だろう。括弧内の言葉の改変は新聞社として、犯罪行為であることも明白なことだろう。

 新聞社がここまで気にしていると言うことは、「未来」に未来があると考えることも正しいのではないかとも思える。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
嘉田氏の後援者を調べて下さい。
北朝鮮と深い深い繋がりがあり、管直人とも繋がっています。

小沢事務所と嘉田事務所に、10年後卒原発出来る根拠と、卒原発のリスクを示して欲しいと電話しましたが、何も分からないとの回答し、質問者の持っている資料を参考にしたいので送って欲しいと言われました。

娘がドイツに住んでいて、ドイツ政府の試算方法の資料を送って貰い、それに基づいて日本の卒原発を計算した上で電話したのです。
卒原発には、1000万人以上の失業者と、16倍の電気料金、そして5倍以上の原油高騰が隠されています。
何一つ説明出来ないのに、政策に掲げる事自体おかしいと思いませんか?
原発の廃炉には、冷温停止状態になって更に20年かかります。
なのに10年で卒原発出来るはずがありません。

日本経済は壊滅的な打撃を受け、2000万人以上の失業者が出ます。代替エネルギーの開発が進めば、脱原発は可能です。
が、現段階で安定した代替エネルギーは見つかっていないのです。夢の様な政策に惑わされず、しっかりと内容を調べて下さい。

福島第一原発は、自民党の計画案では2009年に止まり廃炉処理へ向かうはずでした。
が、民主党鳩山政権が、二酸化炭素25%削減の目標を掲げた為、再稼動したのです。小沢氏に責任がないと言えますか?


ななこ
2012/12/03 00:22
ななこ さん コメント有り難うございます。
何かお気に召さないものがあるようですね。私の見解とぶつかるものもあれば、同じ方向のものもあると思います。その詳細をここで論じるのは適当ではないと思いますが、自由な意見交換は有意義なことでしょうね。
飯大蔵
2012/12/03 23:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「未来の党」に未来はあるか 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる