飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKはiphoneのコマーシャルをやめるべきだ。

<<   作成日時 : 2012/09/21 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 NHKと言えばビールを出してもラベルを隠すほど特定企業の後押しをしないものだった。いまでもそれはかなり引き継がれている。だがアメリカ製品のiphoneについてはラベルを隠さないどころではなく、積極的にコマーシャルを打っているようだ。

 また大阪で続いたiphoneの盗難をしつこく報道する。それもその一貫だろう。しかもLTEに関しての報道は正しい内容なのだろうか?
今回のモデルは、これまでより画面が大きくなったほか、新しい高速通信「LTE」に対応しているのが特徴です。NHK
 さらに
孫社長は、21日からサービスを始めた高速データ通信の「LTE」について、必要な基地局の整備などは他社よりも順調に進んでいるとして、同じiPhone5を販売するKDDIに対抗する姿勢を強調しました。
KDDIの田中孝司社長は、・・・高速通信の「LTE」に対応している最新モデルの性能を最大限に引き出すサービスを進めたい」と述べました。
 と報道されている。
 
 ところが、wikiのLTEを見ればこんな事が書いてある。
2010年6月8日、LTE商用ネットワークの試験運用を開始。[12] 2010年7月29日、ドコモのLTEサービス名を「Xi(クロッシィ)」と発表。
2010年12月24日に、上り又は下りの片側の5MHzの帯域を使用した商用サービスを開始した。
 NTTは2010年にサービスを開始しているのに「新しい高速通信「LTE」」と言っては虚偽ではないのか?

 もう一つの技術がある。モバイルWiMAXだ。wikiのモバイルWiMAX。
携帯電話の世代では、HSPAやCDMA2000 1xEV-DOなどは第3.5世代にあたり、モバイルWiMAXとその対抗馬とされるLTEは第3.9世代と呼ばれる。これらは世代数を"Generation"の意味で「3.5G」や「3.9G」と表現する[出典 2]。
 速度も高くXiと遜色がない。
UQコミュニケーションズ株式会社は、2009年2月26日から東京23区、横浜市、川崎市で試験サービス「UQWiMAX」を開始した [出典 2]。7月1日より有償サービスが開始された。

2009年7月1日にアイ・オー・データ機器からUSBアダプタが発売になった。これにより、UQコミュニケーションズの純正品に加えて2つのモバイルWiMAXアダプタ製品が市販されることとなった
これは次の記述にあるようにKDDIとの関係が深く、AUのスマホではこれも使える。
サービスエリアは、最初期のころには基地局開設にあたり機器トラブルが多発し伸び悩んだが、その後はKDDI系の基地局を積極的に利用併設、特に旧ツーカーの基地局跡地を再利用することで基地局設置に関する交渉および契約が不要なこともあり爆発的にエリアを拡大している。
 KDDIはさらに自社のLTEサービスを立ち上げようとしているのであって、softbankが言ったと報道する「必要な基地局の整備などは他社よりも順調に進んでいる」が正しいとは私には思えない。

 NHKがアメリカのメーカーと第3位の携帯会社に肩入れするのは国民の視聴料で運営する会社として適切でないことは明らかなことだ。これを放送倫理であるとか、電波行政を行う総務省が黙認することは彼らもグルだと言うことだ。

 こんなメディアが政治への逼塞感と同様に国民を追い詰めるのである。
 NHKは即刻解散するべきだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHKはiphoneのコマーシャルをやめるべきだ。 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる