飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮衛星打ち上げ失敗に関する不手際

<<   作成日時 : 2012/04/13 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 最初にこれを見てください。
北朝鮮は、人工衛星としている事実上の長距離弾道ミサイルを発射について、みずから失敗したことを認めました。NHKニュース
 何回も使っているので書いている人は当たり前と思っているでしょうが、虚心にこれを読むとおかしいと思いませんか。人工衛星としているのは誰か、事実上ミサイルと断定したのは誰か、その主語をすべて省略して、頭に「北朝鮮は、」とすればおかしな文章になる。

 さらに事実上と断定したのが誰なのかメディアは全く解説しない。日本政府は断定したようだが、その理由説明はあったのだろうか。メディアはミサイルとする情報をどこかでつかんだのだろうか?そうでないのなら、北朝鮮は人工衛星と言い、日本政府はミサイルと言っている今回の打ち上げとなるはずのものだ。
 こんなややこしい説明をしておられないというのなら、NHKは今後ミサイルと呼ぶと宣言すればいい。その方が「事実上」などと紛らわしい表現をするよりよほど良い。

 さて、打ち上げに際しての政府の対応に不手際があったという。それを示すこの報道だが、報道の不手際かとも思ってしまう。
北朝鮮の発射を受けて、政府には午前7時40分ごろにアメリカ側から『飛翔体が発射された』という情報が入りましたが、EmーNet=緊急情報ネットワークシステムで午前8時3分に最初の発表をした際には「発射したとの一部報道があるが、わが国としては発射を確認していません」としていました。
これについて藤村官房長官は、午後の記者会見で「海外で発射が報道され、混乱があってはいけないということで、危機管理室で判断して出した。短い内容だが不親切な部分があるかもしれない」と述べ、表現が適切だったか検証する考えを示しました。
一方、JーALERT=全国瞬時警報システムが使われなかったことについて、藤村長官は「JーALERTは、万が一、何らかの物体が落下する可能性がある場合に情報を出すと、自治体には通知されている。何かが発射されただけで警告することはお騒がせすることだ」と述べました。NHKニュース
 「発射を確認していない」に続くのが「混乱があってはいけない」「不親切な部分」「表現が適切だったか」であれば、語っている人間が変になったと報道したいのだろうか。もし本当に変になっていたのであれば大問題だ。しかし更迭とかのはなしは出ていないのだから、正常としか思えない。どうなってるのだろうか?

 だがそれよりも重要な事は、軍事情報はきちんと整理出来、自衛隊はきちんと行動出来たのかだ。何しろ確固とした日米同盟があり、情報も完璧に共有出来ている事らしいから、アメリカ政府が発表出来ているのに日本政府が「確認出来ていない」などと発表するはずもないからだ。
 一つの可能性はアメリカ政府が民主党政権を信用しておらず、政府に情報を出すなと言われて、自衛隊が情報を出さなかったかだ。
 しかしこの経緯の解明は確固とした日米同盟があるから、それを崩すような情報は絶対に出てこないだろう。そしてこう言った状況では自衛隊が日本の自衛隊になりきれない事も明らかなことだろう。

 今回の問題は北朝鮮のミサイルではなく、政府の不手際に見えている日米同盟の暗部だろう。そしてそれに荷担するメディアの問題でもある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北朝鮮衛星打ち上げ失敗に関する不手際 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる