飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 記者へのオフレコはもう無いみたい

<<   作成日時 : 2011/11/29 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日の驚くべき発言は非公式だったようで。 
沖縄防衛局の田中聡局長は28日夜、報道陣との非公式の懇談会の席で、米軍普天間飛行場代替施設建設の環境影響評価(アセスメント)の「評価書」の年内提出について、一川保夫防衛相が「年内に提出できる準備をしている」との表現にとどめ、年内提出実施の明言を避けていることはなぜか、と問われたことに対し「これから犯しますよと言いますか」と述べ、年内提出の方針はあるものの、沖縄側の感情に配慮しているとの考えを示した。中略
田中局長は非公式の懇談の席で発言したが、琉球新報社は発言内容を報じる公共性、公益性があると判断した。琉球新報
 この報道が引き金になって罷免となってしまったみたい。東京へ呼び寄せて事情聴取をした結果がこれ。
一川保夫防衛相は29日夜の記者会見で、「田中沖縄防衛局長とマスコミ関係者との懇談における発言内容について」との文書を発表した。全文は次の通り。

 田中沖縄防衛局長より聴取したところ、以下のとおり。

 居酒屋での記者との懇談において、評価書の準備状況、提出時期等が話題になり、私から、「『やる』前に『やる』とか、いつ頃『やる』とかということは言えない」、「いきなり『やる』というのは乱暴だし、丁寧にやっていく必要がある。乱暴にすれば、男女関係で言えば、犯罪になりますから」といった趣旨の発言をした記憶がある。

 自分としては、ここで言った「やる」とは評価書を提出することを言ったつもりであり、少なくとも、「犯す」というような言葉を使った記憶はない。

 しかしながら、今にして思えば、そのように解釈されかねない状況・雰囲気だったと思う。

 私としては、女性を冒とくする考えは全く持ち合わせていないが、今回の件で女性や沖縄の方を傷つけ、不愉快な思いをさせたことは誠に申し訳なく思い、お詫(わ)び申し上げたい。毎日
 この発言の問題はどこにあるんだろうか?
 一つは琉球新報にある表現「犯す」だ。
 もう一つが評価書を提出することを乱暴することに例えたこと

 そのどちらもが問題であることは確かだけれど、事情聴取を受けた方は「犯す」が問題だったと考えているようだが、その例えだけでも大問題だろう。それに気がつかないことは本当に問題だと思う。

 ついに更迭を発表したようだ。【号外】田中防衛局長を更迭 不適切発言で処分
 当然のことだろうが、個人の問題ではないと沖縄の人のみならず気がつくべきであろう。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
記者へのオフレコはもう無いみたい 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる