飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS TPPにはメディアも意見が分かれているようで

<<   作成日時 : 2011/10/04 23:37   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 あのNHKが穏健に言う。
TPP=環太平洋パートナーシップ協定の参加に慎重な民主党などの国会議員が集会を開き、交渉に参加するかどうかは慎重に判断すべきだという意見が相次ぎました。NHKニュース
 少し色がついたと思うのがこれ。
民主勉強会、TPPに反対意見相次ぐ
野田政権が交渉参加への結論を急ぐ、TPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡り、民主党内の反対派議員が動き出しました。4日は関係省庁の担当者を呼び、勉強会を開いてTPPの問題点などを追及しました。TBSニュース
 社民党の議員も出席した会議、民主勉強会がすでに間違っている。

 長く日本のオピニオンリーダーとされていた朝日新聞、これがひどい。
TPP、勢いづく反対派 原口氏ら国会議員70人会合
 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加に絡み、「TPPを慎重に考える会」が4日、東京都内で会合を開き、国会議員約70人が参加して反対派の勢いを見せつけた。懸念が多いとする農業の関税引き下げに加え、投資や規制なども反対の理由に挙げ始めた。

 議員らは外務省、経済産業省、農林水産省の官僚から交渉の現状を聞いた。投資ルールの交渉では、投資家が投資先の国とトラブルになった場合、仲裁を求めてその国を訴えられるようにする議論が進んでいると官僚側が説明。議員からは「国の政策を投資家が曲げられるようになる」と強い批判の声が上がった。

 「遺伝子組み換えの表示が不要な米国の表示規制にあわせる必要が出るのでは」「TPPは制度の壁を減らし、日本を米国の内部化する」との懸念も出た。 朝日
 「勢いづく反対派」はレッテル貼り、「投資や規制なども反対の理由に挙げ始めた。 」反対することだけを目的とした団体との揶揄。これが朝日新聞のなれの果てだ。
 だがここで報じられている規制などはポイントだ。実は記者が反乱していると読むことも出来るのだが。

 TPPより民主党を攻撃する方を選ぶメディアもあれば、何が何でもアメリカの利益を追求するメディアもある。どのような理由があっても差が出ることは国民には良いことだと思う。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
TPPにはメディアも意見が分かれているようで 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる