飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS タイの洪水報道は何のため

<<   作成日時 : 2011/10/19 23:04   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

 マスコミがタイの洪水を大々的に報道している。しかも報道の中心は日系企業だ。日本に影響ありと何度も何度も報道するわけだ。

 円高とか法人税とか賃金の高さとか規制の多さとか理由を山ほどつけて企業が海外に流出するぞと脅かしているのが財界とマスコミだ。だが今話題になっている日系企業なるものはすでに海外に流出した企業たちの工場だ。いまさら何を心配するのだろうか?

 ニュースなどで何か遠回しに語っているわけだが、ここにははっきりと書いてある。
被災者への救援や支援の一方で、日本としては、長期的な視点での治水に対する協力も欠かせない。長年にわたり治水に取り組んできた日本の経験をもとに、洪水対策の面でも、官民を挙げてタイへ協力を進めていきたい。毎日社説
 官民挙げてときたものだ。

 タイの川は落差が小さく大量の雨が降った際には水が海に流れず低い土地にあふれていく。それを回避するには水路を増やすしかない。川幅を広げるとかそんな事だ。日本の経験にそんなものがあるとは私には思えない。

 タイにはいくつもの利点があるゆえに多くの企業が進出したのであろうが、欠点は今回の洪水にあったわけだ。そしてこれこそが自己責任である。
 それを官が税金を使って改善をしてやろうというのだろうか?何ともお人好しな話だ、日本の国民は。財界などが言っているように国民を脅すネタが海外流出だ。それを税金で助けるのか?これこそがお人好しな話である。

 マスコミは日系企業とすり込んで税金使用を納得させようとしている。これしか応えはないようだ。

 こんな話の中、日本企業とか日系企業とは何を意味するのだろう?本当に不思議だ。ホンダなどの車メーカーは海外での工場が多く、生産額は海外の方が多いくらいだ。何故か悪名高いトヨタが国内生産比率が高かったのだが、アメリカに虐められても日本政府は何もしない。だから海外シフトを急に進め始めた。

 一体日本企業とは何だろうかと疑問に思う。税金を使って援助するのは国民の雇用の確保とか国民の生活を改善するために行うものだ。工業団地を造るとか、技術開発を援助するとか多くの産業育成予算はそのために使われている。タイの洪水対策はどこの国民の生活を向上させるために行うのだろう?

 マスコミの過剰な報道には裏がある。直感的にそう思うようになってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご指摘ありがとうございます。
企業の自己責任はどうなるのでしょうね?主権者である国民には冷血なのに、銀行や大企業は自分たちに都合が悪くなると、たかるように思えます。見方を変えれば、自分たちは、新自由主義を言いながら、その実は官僚組織そのもの、中国・ソ連と同じ国家社会主義なのでは?
カタカナサヨク
2011/10/27 13:27
カタカナサヨク さん
官僚はそこまでの力はないと私は思います。官僚の数の削減が大きく聞いていると思います。
中曽根以来の政策が大きな意味を持っていると感じています。
飯大蔵
2011/10/27 22:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タイの洪水報道は何のため 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる