飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島「被害者」は全員被害者なのか

<<   作成日時 : 2011/08/01 23:28   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 福島原発からの放射能漏洩により避難を続けている人々、いつその地に住んだのか記憶も定かではない父祖伝来の地を追われた掛け値なしの被害者、その悲劇は限りなく大きいとメディアは言い続けている。あれっ?

 話は変わって玄海原発運転再開問題。国主催の説明会、県主催の説明会、電力の賛成を増やそうとする努力は行き過ぎといわれ、町長の背景が取りざたされ、あげくに知事の誘導示唆まで発展してしまった。そこに見る運転再開を推進する勢力が地元にもいる事が明白になった。
 では福島にはいなかったのか?

 前の知事についてはwikiにこんな事がのっている。
原子力発電 [編集]

首都圏の電力需要を地方が賄うという意味合いの強い県内の原子力発電所(東京電力所管の福島第一原子力発電所(双葉町と大熊町)、福島第二原子力発電所(富岡町と楢葉町))建設に関して、建設当初の透明性の高かった1998年にはプルサーマル計画を了承したが、その後東京電力によるトラブル隠しが発覚した後、了承を撤回し[2]、以降は建設される当の自治体以外に誘致するメリットがほとんどないことなどを理由に、一貫して反対の立場を明らかにしている[3]。2011年3月11日に発生した大地震による原子力事故では、「事故は人災だった」と断定し、日本の政府と原子力安全委員会を批判している[4][5]。
 そしてその次には
知事辞職から逮捕されるまで

2006年7月に、水谷建設・レインボーブリッヂが関与した一連の不正事件で、実弟が営む縫製会社が、不正な土地取引の疑いで検察の取調べを受け、9月25日には実弟が競売入札妨害の疑いで逮捕された。これを動機として、佐藤の辞職を求める動きが、県議会を初めとして内外から高まり、9月27日に道義的責任を取る形で辞職を表明するに至った(9月28日に県議会で辞職が許可)。報道によると、辞職後も「影響力」を示す行動をとったものの、10月23日に東京地検により収賄の容疑で逮捕される。検察聴取により全面的に自身の関与を認めたとされるが、本人は後に否認している[6]。

なお、同年11月15日に和歌山県知事だった木村良樹が、12月8日には宮崎県知事だった安藤忠恕が、同じく官製談合事件で逮捕起訴された。3ヶ月間に3人の知事が、同じような事件で刑事責任を追及される事となり、大きな波紋を起こした。

2008年(平成20年)8月に一審の東京地裁の判決で懲役3年・執行猶予5年となり、2009年10月に二審の東京高裁の判決では懲役2年・執行猶予4年となった。佐藤は判決後の記者会見で「検察が作り上げた事件で、有罪は納得できない。上告を検討する」と述べた。なお主任弁護人は元特捜検事の宗像紀夫である。
 そして今の知事は
福島県南会津郡下郷町生まれ。福島県立田島高等学校、神奈川大学経済学部卒業。大学卒業後、叔父にあたる渡部恒三衆議院議員(のち衆議院副議長)の秘書を長らく務める。
 と推進派である。

 普通に考えれば地元の首長が賛成しなければ原発は建設できないし、運転も継続できない。そしてその主張を選挙で選んだ有権者たちがいる。選挙制度がおかしくなければ過半数の住民が原発を容認する首長を選んでいるわけだ。

 原発に反対する住民もいるし、同じく原発に反対する候補者もいたはずだ。彼らは交付金などを受けることに反対したのだろうか。危険だと考えたから反対したのではないだろうか?その彼らの思いを多数決という民主主義で押さえ込んだ過半数の住民がいるわけだ。

 賛成した住民は国や電力会社の安全神話を信じたと言うだろうが、反対派の危険という声を否定したことは事実だ。

 賛成したから罰を受けて当然だと「天罰だ」と言うつもりは全くない。賛成した住民たちが何もわだかまりも引っかかりもなく、被害者だと主張しているとは思わない。だが事実として報道するマスコミがそんな観点で報道していない事がある。

 福島県が脱原発を宣言したと報じられていた。その結論は分かるとして、では今までどう考えていたのか、その報道はあったのだろうか?今後交付金なしで運営をすると覚悟したのか?現状では交付金ではなく補償金などが一杯来るから考えていないのか?

 原発の作業員が福島に住むものとして決着をつけると言っていたと思う。賛成したことも原発の恩恵を受けたことも事実であり、彼らは引きずっていくと思う。それらのすべてを国民が理解し、支援する事、そういった事が必要であり、単に可哀想だと言うような表面的な話は聞きたくもない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
福島「被害者」は全員被害者なのか 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる