飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎日新聞記者の日本語は大丈夫か

<<   作成日時 : 2011/05/25 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 一つ目はこんな記事
福島第1原発:衆院委で班目氏「再臨界事実上ゼロの意味」
 原子力安全委員会の班目春樹委員長は24日の衆院東日本大震災復興特別委員会で、東京電力福島第1原発1号機への海水注入をめぐり、3月12日の菅直人首相らとの協議で「再臨界の可能性はゼロではない」と発言したことについて「事実上ゼロだという意味だ」と説明した。

 ただ福山哲郎官房副長官は5月23日の記者会見で、班目氏の発言を「専門家の意見として大変重く受け止めた」としており、認識のずれが表れた形だ。

毎日新聞 2011年5月25日
 もともと班目春樹委員長の発言が変だからおかしくなるのだけれど、これが変だと記者は分かっているのだろうか。「可能性はゼロではない」は通常「確率は低いが発生する可能性を否定できない。すなわち発生する可能性がある」ことを言う。これは日本語としての意味もそうだし、科学的な使い方としてもそうである。「確率は低い」ことを言うのなら「事実上ゼロ」と言うべきである。これでも発生する可能性はあることを意味している。

 だからこの班目春樹委員長の発言を聞けば、普通に日本語を解する人であれば、そして技術を知っている人であれば、「確率は低いが発生する可能性がある」と聞くわけだ。それを「専門家の意見として大変重く受け止めた」と表現して何を表示しているのだろうか?
 認識のずれが表れたとするから、何か齟齬があったと思われるが、何を書いているか分からないヘボな日本語だ。

 二つ目はこんな記事だ。
東日本大震災:福島第1原発事故 東電、海水注入前に通告 1号機、水素爆発16分前
 東京電力は25日、冷却機能を失った福島第1原発1号機への海水注入を実施することを、3月12日午後3時20分ごろに経済産業省原子力安全・保安院へファクスで伝えていたことを明らかにした。保安院も25日、東電から3月12日の午後3時20分に「今後準備が整い次第、消火系にて海水を注入する予定」と書かれたファクスがあり、保安院の緊急対策室で配ったと認めた。

 ファクスは原子力災害対策特別措置法(原災法)に基づく通報連絡で、福島第1原発から保安院や各自治体に送ったという。1号機では、ファクス送信16分後の午後3時36分に、水素爆発が起きている。

 これに先立ち、東電の清水正孝社長が3月12日正午ごろ、海水注入の準備を進めていることを確認。同午後2時50分ごろ、海水注入を了解したという。

 一方、保安院によると、文書は東電が放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」を報告する内容で、海水注入は「紙の隅に書いてあった」。このため西山英彦審議官は「誰がどこまで認識してどう行動したかは確認できていない」と釈明した。

 保安院はこれまで東電が海水注入したことを知らされていなかったとしてきた。西山審議官は「実際に海水注入しているということでないので、矛盾しない」としている。【酒造唯、久野華代、岡田英】毎日
 特徴的な言葉の末尾を抜き出していこう。
海水を注入する予定
海水注入の準備を進めている
海水注入を了解した
東電が海水注入したこと
実際に海水注入しているということ
 予定することと、したことは違う。枝野官房長官はこう言っている
。「(3月12日の)夕方6時からの打ち合わせでも、東電から『注入の準備をしているが、しばらく時間がかかる』と報告を受けている。(午後7時4分に)『実際に水を入れ始めた』という報告はまったく聞いていない」と述べ、「矛盾していない」と説明した。
 何の矛盾もない。だが記事はこんな風に書く。
一方、保安院によると、文書は東電が放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」を報告する内容で、海水注入は「紙の隅に書いてあった」。このため西山英彦審議官は「誰がどこまで認識してどう行動したかは確認できていない」と釈明した。
 この報告により何かの行動をする必要もないから確認できないのだろう。これを「釈明」と書くから記者の認識がおかしいと分かるのだ。
 さらにこのくだりは何だろう。
ファクスは原子力災害対策特別措置法(原災法)に基づく通報連絡で、福島第1原発から保安院や各自治体に送ったという。1号機では、ファクス送信16分後の午後3時36分に、水素爆発が起きている。
 ファックス送信と水素爆発とどのような関係があるのだろうか?記者の頭の中では何か結びついているのだろうか?

 このようなおかしな日本語を毎日新聞のような大新聞が書くようになってしまった。英語教育の賜なのだろうか?

 でもこの支離滅裂な毎日新聞を私は好きである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
原子力保安員西山審議官
お祭りの代償 たちが出世しまくったからね。 別のかたちでアピールですよ! それにしてもフモフモさんははずさないなぁ。 女性問題報道で原発事故広報担当の西山審議官「私の至らなさ」と陳謝 下世話に言うなら「上半身に続いて下半身も隠し事」なわけですが いま、このタイミングで明らか(続きを読む) 毎日新聞記者の日本語は大丈夫か てあった」。このため西山英彦審議官は「誰がどこまで認識してどう行動したかは確認できていない」と釈明した。 保安院はこれまで東電が海水注入したことを知らされていなかったとしてきた。... ...続きを見る
ブログニュー速!
2011/06/24 18:11
西山審議官 2ちゃんねる
【お届け先・東京23区限定】【1000円以上で送料無料】【平日即日発送】新潮社/週刊新潮 ..... 【送料290円 2900円以上で送料無料】【平日即日発送】新潮社/週刊新潮 2011年6月..... 毎日新聞記者の日本語は大丈夫か てあった」。このため西山英彦審議官は「誰がどこまで認識してどう行動したかは確認できていない」と釈明した。 保安院はこれまで東電が海水注入したことを知らされていなかったとしてきた。西山審議官は「実際に海水注入して ...続きを見る
ザ・コレクターズ大頭鑑
2011/06/24 19:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
毎日新聞記者の日本語は大丈夫か 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる