飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京が駄目なのではないのだろうか

<<   作成日時 : 2011/03/23 00:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

 この地震騒ぎの中、これから復興の本番なのだけれど、どうも円滑に行っていない。

 これを菅政権のせいにする人達がいる。従来の保守を支持する人が言うのは昔通りだ。だが、一時期(今でもかな)民主党を支持した人までも菅叩きをする。その人たちは後を小沢にさせるとよくなるというのだと思うが、どのように良くなるのか詳しく書いたものを見たことがない。こうなれば宗教の一種だ。このような人を今後とも信じる気はない。

 だが成果としての菅政権が良いとは私も全く思わない。だがそれが何故なのか、誰のせいなのか、分析したものも余り見ない。たいていは根拠なく菅政権のせいにしている。

 バブル崩壊の後、東京はそれでも元気があった。当時、企業での地方の出先機関は縮小されていた。かつては中国支店や東北支店など配備していたがそれを廃止するのだ。それはIT技術の進歩によることが多かった。出先で処理をしなくても東京で一括処理をしてそれをIT技術で流せばよいと考えたのだろう。
 そのせいもあって地方から東京へ業務集約を通じて富が中央に集まり、地方が廃れる状況であった。
 一方、東京もうまく行っていなくて、地方から来たものを育てきれずに大きな穴から捨てて行っているようだった。それでも東京は捨てるより集まる方が多かったのか、開発が続いていた。
 そういうことから言えるのは、東京は地方を支える役割がある事だ。地方を廃れさせ集約したのだから力もあるし、責任もあるべきである。だがその義務を今回の騒動で果たしているのだろうか?

 東京には何があるか?一つはマスコミだ。新聞の本社は東京にある。テレビ局のキー局は東京にある。
 そのマスコミは原発の報道で何をしたか?生ソースである会見を少ししか写さず、低レベルの解説を垂れ流し、不安を煽るような感想を流す。データーは整理せず不安を煽る。こう言った事は、不安を煽るための悪意のせいなのか、それとも解説する能力がないからなのか?たぶん両方なのだろう。

 それに対して東北のテレビ局は実にたくましい。まず感じるのは人への愛情だ。亡くなった人、助かった人への思いがジンジン伝わってくる。これが報道だと思う。
 あるいは静岡県での地震の報道だ。女性のアナウンサーが地震の初期の注意を延々と繰り返す。その迫力は中央のテレビの比ではない。
 関西の毎日放送の「ぷいぷい」は放射能の単位から復習し、中央のコメンテーターより遙かに(比べものにならないほど)信頼できる人を呼んでくる。

 私が見る限り中央のマスコミは有害無益だと思う。

 東京には官僚がいる。いわゆる「霞ヶ関」だ。彼らはこの震災や原発対応で何をしてきたのだろうか?
 原子力保安庁ははじめから責任逃れのような会見だったし、情報は提供するけれど何を指導しているの分からない。存在価値はあるのだろうか?
 厚生労働省は野菜の暫定基準を設定したが、安全サイドに振った基準だった。その安全率は10倍もあったそうだ。その数値を報道すればこの基準が出荷停止につながる事は分かりきったことだ。この仕事は消費者を守るためだと強弁するだろうが、消費者の不安を煽り、生産者を嘆かせ、自身の身の保全を達成する事に役立つわけだ。
 ガソリンの不足があったが、早期の対応を何かやったのだろうか?あまりにも遅すぎないだろうか?
 
 政治主導と言われた民主党政権だが、その最初から霞ヶ関の反抗というかストライキに悩まされていたと鳩山氏が長妻氏が語っていた。地震で国民が苦しんでいるのに何も変わらない。彼らの悪意のせいなのか、それとも能力がないのか?たぶん両方なのだろう。

 それに対して地方自治体の動きは目覚ましい。かつて災害にあった自治体を中心に多くの手段で申し入れがある。災害にあった人の移住、支援物資の申し出、職員の派遣などなどだ。こちらの方が遙かに住民、国民のことを考えていないだろうか?

 東京には政治家がいる。当然地方にも政治家はいるが、東京には国政を預かる政治家がいる。彼らは国会で戯れ、パーティーで戯れ、裏の話し合いで戯れる。誰のための政治をしているのだろうか?
 自民党の退化はあまりにもひどい。そこから派生した政党は議論をする気にもならない。民主党はいつまでたっても政党の体をなしていない。公明党は福祉ではなくゲームに興じているし、社民党は純粋培養だし、共産党は中央集権そのものだ。国民が支持しないのも当然ではないのか。

 一方批判は多々あるけれど、地方分権を主張する首長たちがいる。その手法に疑問を持つし、危うさを最大限感じるけれど、それを支持したくなる国民の気持ちは十二分に分かる。

 東京には企業の本社がある。一部の企業は発祥の地を離れない。トヨタ、日立、京セラなどなどだ。だが東京に移転した会社も数多い。東京は本当に本社の場所として適当なのか?
 東京電力は最初から東京が本社だ。そしてその企業力が最悪なのは今回の事象で明らかになってしまった。それは他の企業も同じではないのかと疑う。

 地方にも技術力など優秀な企業が沢山あるという。それらを東京の官僚たちが意地悪をして東京に呼んできたのではないだろうか。それにも負けず発祥の地で頑張る企業は素晴らしい。

 東京電力は原子力発電を少なくとも今夏は復活できないだろう。そうすれば暑い夏の冷房負荷はまかなえない。首都圏での産業は減速しないと仕方がない。
 企業はこの地域での生産をあきらめ他の地方に移すだろう。東北も一蓮托生だから移転先は北海道と中部以西の地域だ。

 この際政治家も、官僚も、企業の本社機構も東京を脱出して地方に移すべきだろう。そうしなければこの劣化した東京が日本を駄目にするだろう。首都移転と言うよりは東京破壊をするべきだと過激に思ってしまうのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★重苦しい心を癒す映像に感謝します。
★重苦しい心を癒す映像に感謝します。震災、津波に被災された方々へ、心から御見舞い ...続きを見る
★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ...
2011/03/24 00:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も東京に本社を置く企業が東京都へ納税しており、集中しているのには問題を感じています。
わたしがマスコミに思うのは、東京タワー、スカイツリーに象徴されるように、首都圏と呼ばれる地域がとても広いことです。
例えば、NHKでさえも、地方では全国、地方、各県の3段階の情報があります。
首都圏は、全国、首都圏の2段階です。
しかも、全国、首都圏のニュースは結構ダブります。
民法の夕方ニュースも全国版か地方版(首都圏)かさっぱり区別がつきません。
関東+αで首都圏という考え方が問題かも知れません。
一般人
2011/03/23 19:19
一般人  さん
応答が遅くなりました。
それが首都圏の奢りなのではないでしょうか?
飯大蔵
2011/03/26 23:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京が駄目なのではないのだろうか 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる