飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS コーヒー豆の価格上昇は大変なことになる?

<<   作成日時 : 2011/02/16 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前にも見たニュースだが、コーヒー豆の価格が上昇していて、日本の庶民の生活を直撃するそうだ。
コーヒー豆の国際価格が上がっていることを受けて、最大手の「UCC上島珈琲」は、来月から20%程度コーヒー豆を値上げすることになり、大手メーカーの間で値上げの動きが相次ぎます。NHKニュース
 またその原因は
これは、経済成長に伴って、中国やブラジルなどの新興国で消費量が急速に増えていることや、アメリカの金融緩和を背景にした投機資金の流入などから、コーヒー豆の国際価格が13年ぶりの高値まで上昇しているためだということです。
 と報道されている。全日本コーヒー協会の説明には価格高騰の説明がある。2009年平均では128.40セント/ポンド、2011年1月では238.05セント/ポンドであり、倍ほどになっている。しかし、これが即小売価格になるわけではない。加工、流通コストがあるからだ。
 例えばこのページで小売価格はブラジルコーヒー【小売価格400円/100g】のオーダーだ。このページで輸入豆の単価は200円/kgから300円/kgである。小売価格における輸入豆の価格は1割程度しかない。だから輸入豆の価格が2倍になっても10%程度の値上げにしかならない。20%値上げでも生活への影響はそれほど大きくないと思うのだが。

 新興国の消費量も同じページにある。
10/11 09/10 08/09 07/08
ブラジル 19,500 18,750 18,030 17,390
ロ シ ア 4,300 4,075 3,455 970
イ ン ド 1,750 1,725 1,825 1,728
中  国 450 425 320 300
計 (A) 26,000 24,975 23,630 20,388
世界生産量 (B) 139,084 126,916 133,623 121,984
A/B(%) 18.7 19.7 17.7 16.7
 中国の消費量は確かに伸びているが、絶対量が少なすぎる。これが世界のコーヒー価格に影響するはずもない。しかしNHKは中国人の映像を大写しにする。知ってやっているのだろうか?ブラジルの消費量は増えているので大きな間違いではないのだが。



 コーヒー豆の輸入額は1000億円程度だ。日本の輸入額は50兆円ぐらいだ。輸入全体から見た比率は非常に少ない。生活を直撃するにはあまりにも少なすぎないかね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コーヒー豆の価格上昇は大変なことになる? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる