飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本は中国にむけた槍の穂先か

<<   作成日時 : 2011/01/12 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんな記事を同じ日に載せられては考え込まざるを得ない。
北沢氏は「北朝鮮や中国などが大きく変動するアジア太平洋地域の安全保障環境下で、日韓防衛協力は強化しなければならないという強い決意を内外に示すべきだ」と強調し、金国防相も同意した。会談では、防衛秘密の保護に関する軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、事務レベルで協議することで一致した。読売
 一方。
中国を訪問したゲーツ米国防長官は10日、梁光烈・国防相と会談し、昨年、台湾への武器売却などで滞った軍事対話・交流を本格的に再開し、強化することで一致した。

 これに関連し、持続的で信頼性のある軍事対話の新たな枠組み作りを行う両国の作業部会を設置し、今年中に行う次官級の米中国防協議で文書合意を目指すことになった。読売
 中国はアジア太平洋地域の安全保障環境を大きく変化させアメリカはその変化にも関わらず逆に変化にのって交流を深めるという。
 日本が中国に敵対している間にアメリカは良い関係になる。アメリカは中国に日本と韓国を向けて自国のみ良い関係を築く。これが日米同盟なのか?

 この記事を二本並べたら何かおかしいと気づくと思うのだが、読者をなめきっている印なのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本は中国にむけた槍の穂先か 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる