飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 逮捕されても不安がいっぱい

<<   作成日時 : 2011/01/25 20:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 逮捕が早いのは良いけれど、この報道を見れば不安がいっぱい。
女児切りつけ 23歳男を逮捕
1月25日 19時11分
24日、山口県宇部市の路上で、小学2年生の女の子が刃物で切りつけられ大けがをした事件で、警察は、現場近くに住む23歳の無職の男を殺人未遂の疑いで逮捕しました。男は容疑を否認しているということです。

24日午後3時半ごろ、山口県宇部市の路上で、下校途中だった新川小学校2年生の8歳の女の子が刃物のようなもので切りつけられました。女の子は顔や首を十数か所切られて、全治1か月以上の大けがをしました。現場からは20代くらいの男が立ち去る姿が目撃され、警察が捜査を進めた結果、現場近くに住む無職の山田昌宏容疑者(23)が事件に関わった疑いが強まったとして、殺人未遂の疑いで逮捕しました。警察の調べによりますと、山田容疑者の自宅のマンションは現場から100メートルほどの場所で、部屋からは凶器とみられる包丁が見つかったということです。警察の調べに対し、山田容疑者は「人を刺したり切ったりしておりません」と、容疑を否認しているということです。警察は当時の状況や動機について調べを進めることにしています。NHKニュース
 犯人は「近くに住み、20代の男性で、包丁を持っている。」とっても特定できる証拠ではない。逮捕された人は否認をしている。どうなのだろうか?

 包丁に血痕でもあり、DMA鑑定したのなら、こんな生ぬるい表現にはならないと想像する。
 逮捕をする以上、裁判所に疑うことが合理的であると申し立てているはずだ。捜査過程をすべてマスコミに公表するものでもないけれど、これでは犯人であると確信が持てるはずもないと思うのだが。

 文章に出ていないが包装では被害者の両親のコメントが警察を通じて公表された。「逮捕されて安心しました」と言っているようだが、本当に安心して良いのだろうか?
 冤罪の問題点は間違って逮捕された人だけではなく、犯罪を犯した人を野放しにすることである。

 私にはこの報道をこのように聞こえる。
 「被害者が犯人と断定しているのに、否認している犯人は反省が足りない。」と。
 もうそんな時代ではないはずなのにそう聞こえてしまうのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山田昌宏 画像
安定した老後って… 、現場から殺人未遂容疑で逮捕された無職山田昌宏容疑者(23)が住むマンション付近まであったという。県警は、山田容疑者が現場でけがをした可能性が高いとみて調べている。 テレビ報道で、山田容疑者の小学校卒業時の文章が明かさ(続きを読む) 逮捕されても不安がいっぱい され、警察が捜査を進めた結果、現場近くに住む無職の山田昌宏容疑者(23)が事件に関わった疑いが強まったとして、殺人未遂の疑いで逮捕しました。警察の調べによりますと、山田容疑者の自宅のマンションは現場から100メートルほ... ...続きを見る
春を愛する人々
2011/01/27 04:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
逮捕されても不安がいっぱい 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる