飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS メディアは司法に必要である

<<   作成日時 : 2010/11/28 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 以前に書いたメディアは民主主義に必要である と同様にメディアは司法にも必要である。

 司法は憲法および法律に則って判決を下す。裁判は公開だからその判決は公開情報だ。特別の事情による秘匿案件以外はメディアにより報道される。国民はどのような判決が下されたのかを知り、司法に対する国民の監視となり、最終的には最高裁判事の否認につながる仕組みだ。

 法律の運用において、法律は世間のすべてのケースを細かく書いているわけではないから、法律に主旨に基づいて応用問題のごとく判決を下す必要がある。このような判決を集めていけば判例となり、後の判断の指標となるわけだ。

 裁判所はこういった応用問題を考えるときに、世論というか国民の意見を参考にすることがある。法律に規定していないことだから世論に寄り判断することはおかしいとの批判は当てはまらない。裁判所は世論に留意するより直接国民に参加して貰うべく裁判員制度を導入した。しかし裁判員は一部の国民だから世論とは言い難い。このあたりをどう考えるのか、難しいところだ。

 さてメディアは事件を報道し、警察の捜査状況を報道し、逮捕や検察の起訴の状況も報道する。その際に残虐性を強調することも出来るし、被害者家族の涙を報じることも出来るし、逆に被害者の悪事を報じることも出来る。あるいは全く事件を報道しないことも出来る。
 こういった報道により国民の世論は影響を受ける。その世論により判決も影響を受ける。

 だから、司法の結果を適切にするには、メディアは必要なのである。あれ?

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メディアは司法に必要である 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる