飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS フジタ3社員はマスコミに何を語ったのだろうか

<<   作成日時 : 2010/10/01 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 フジタの3社員が帰国して記者会見を開いたそうだが、実情が何も分からない記事ばかりだ。外務省が箝口令でも引いたのだろうか?
 発言内容を各マスコミから引用すればこんなところか。
4人は石家荘の空港からレンタカーで遺棄化学兵器のプロジェクトの予定地を目指して細い道を進んだところ、進入禁止の看板があるゲートがあり、ゲートの写真を撮ったということです。奥に立ち入りが禁止された軍事施設であることを示す表示があるのには、気がつかなかったということです。引き返そうとしたものの、後ろから軍関係の車が来て動けなくなったところ、施設の監視に当たる者が出てきたということで、4人は全員、車から降ろされて足止めをされたあと、取り調べを受けることが決まったということです。
3人のうち佐々木さんは「立ち入り禁止区域という認識があれば立ち入ることはなく、注意喚起をする看板があればとどまるつもりだった。

許可なく軍の管理区内に入っていて違法行為だという説明を受け

始末書の内容について「軍の管理区とは気づかないで入ったことについて書簡を書いた。申し訳なかった、との旨の内容を書いた」と話した。

場所は北京から南西におよそ300キロに位置する河北省石家荘市から、車でさらに1時間ほどの場所です。

4人は石家荘市内で旧日本軍が遺棄した化学兵器を処理する施設の建設予定地を視察していたといいます。
 日本中の関心が集まる事件にしてはあまりにも内容が乏しい。報道するべき内容を意識的に隠しているのではないかと疑ってしまう。引用しなかった部分は尖閣諸島のとの関連などの憶測記事が満載なのだから。

 報道すべきことは、3人と一人の行動に違いはなかったのか
 領事館が面接しているがその内容
 中国人ガイドが同行していたはずだが、その情報

 軍の車両がすぐ後からついてきていたようだが、意図的に逮捕した疑いがあるが、外務省はどう考えているか、取材が必要だろう。

 国民を煽るような報道が続くが、マスコミを信じてはいけない時代に突入したようだ。

 未だ拘束されている一人に関する記事があったので追記。
北京の日本大使館は、中国の当局が高橋さんを1人だけ拘束を続ける理由について、中国の法律に違反したことを認めなかったり、容疑を認める文書への署名を拒否したりしているわけではなく、はっきりとした理由はわからないとしています。日本政府は、中国政府に対し高橋さんだけ拘束を続ける具体的な理由を明らかにするよう求めるとともに速やかな解放を求めていくことにしています。NHKニュース
 これもどこか部分的だ。気持ちが悪い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フジタ3社員はマスコミに何を語ったのだろうか 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる