飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬鹿丸出しは伝染する

<<   作成日時 : 2010/09/25 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 どうも馬鹿丸出しは伝染するようだ。
菅直人 検察当局が事件の性質等を総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だと承知している。毎日
 同じ判断をしてしまった。どうやら伝染したような。また
前原外務大臣は「国内法にのっとって対応し、政府の機関である検察が総合的に判断したことであり、その判断に従う」と述べました。そのうえで、前原外務大臣は「東シナ海に領土問題は存在しない。同じような事案が起きたときは、しっかりときぜんと対応していくことに変わりはない」と述べました。NHKニュース
 こちらにも伝染したようで。さらに「きぜん」と釈放するとまで言ってしまった。これでは低級なコメディアンではないか。
 あるいは
岡田幹事長は、記者団に対し、「検察庁が法に基づいて粛々と判断した結果で、その判断に対して政治家がコメントすることは避けるべきだ」と述べました。NHKニュース
 こちらにも伝染したようだが、新聞記事によると逮捕を要求した本人らしいから若干伝染の仕方が違うように感じる。
 さらに
片山善博総務相「どこかで決着をつけなくてはいけないので、一つの大人の決断をしたと思う」と理解を示した。毎日
 確かに判断したのは大人のようだが、賢明な大人だったのだろうか。言い方からは伝染したとは断定できない。

 
那覇地方検察庁が中国人の船長を処分保留のまま釈放したことについて、野党だけでなく、与党の一部からも「中国の圧力に屈したのではないか」などと批判が出ており、政府は、この間の経緯について説明を迫られることになりそうです。NHKニュース
 国会も開かれるようだから説明をするのは大変なことだ。首相に伝染したから首相が説明しないといけない。
 
 法律に則って粛々と処理するのならそのようにしておかないといけない。起訴するか不明な状況で国外に犯人を逃がすことは説明できないことだと思う。どうせ罪に問えないのであれば起訴猶予にするべきであっただろう。
事件事務規程(法務省訓令)第 72条 検察官は,事件を不起訴処分に付するときは,不起訴・中止裁定書(様式第112号)により不起訴の裁定をする。検察官が少年事件を家庭裁判所に送致しない処分に付するときも,同様とする。
2  不起訴裁定の主文は,次の各号に掲げる区分による。
(20)  起訴猶予 被疑事実が明白な場合において,被疑者の性格,年齢及び境遇,犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないとき。
 首相は記者会見で<中国漁船船長釈放>と<普天間移設問題>を別件のように考えているようだが、そうではない。
那覇市議会(金城徹議長)は21日の9月定例本会議で、中国漁船の衝突行為に対する抗議決議、日本政府に毅然(きぜん)とした対応を求める意見書の両案を全会一致で可決した。琉球新報
 県議会も意見書を検討している。漁民を守る漁場保全を要望するようだ。政府は尖閣諸島が沖縄県であることを忘れているようだ。

 この難題の時期に充電している場合ではないと私は思う。
民主党の小沢元代表は、都内で開かれたみずからの政治資金パーティーで講演し、「今度はほんとうに静かにして、しばらく充電期間としたい」としたうえで「天命が下れば、命を懸けて頑張りたい」と述べました。NHKニュース
 実力があるなら働いていただきたい。国民の暮らしを守るためにも働いていただきたい。

 それとも共産党には共産党しか対応できないのか?日本の領有は正当 尖閣諸島 問題解決の方向を考える 赤旗

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
馬鹿丸出しは伝染する 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる