飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 円高株安の対策が可能なのか?

<<   作成日時 : 2010/08/24 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 またまた円高株安の同時発生だ。何故こうなるのか、その説明は聞かない。
市場関係者は「政府・日銀が円高の進行への具体的な対応を示さないことから、当面、市場介入に踏み切らないのではないかという受け止めが出て円買いにつながった」と話しています。NHKニュース
 円高だから円高程度の話。

 ついでにニューヨークの株式も「NY株は薄商いのなか下落、経済めぐる懸念根強く」同様だ。
 日本株もアメリカ株も下がり、なぜ円高になるのか。誰も説明しないこの現象。

 日本株の変化が見事に外国人投資家の売り買いに依存していることは明確だ。外国人投資家がアメリカと日本の株を同時に売れば、日米同時株安になる。、これはこれでわかりやすい話。
市場関係者は「菅総理大臣と日銀の白川総裁が、電話で為替市場の動向も含めた現在の金融情勢について意見を交わしたものの、具体的な円高への対応は示されなかったことで、輸出関連の銘柄を中心に売り注文が出ている」と話しています。NHKニュース
 これまた判じ物のようなことしか報道しない。

 そして引き上げたお金を日本円に替えれば円高のできあがり。このような動きに対抗するために必要な資金はどの程度なのだろうか?世界を駆け巡る投機資金の巨大さはリーマンショックの際に明らかになったと思うが、赤字財政の政府資金でまかなえるような規模なのだろうか?政府が行うことは民間と肩を並べて資金で対抗することではなく、政治的な動きをとるかあるいは動きを見せることだろう。

 ちなみに円高における輸出企業ばかり取り上げるが、輸入企業はどうなのだろう。輸入品の円高還元は一部に宣伝されているがどれだけ還元されるのだろうか。それらの企業の業績は上がるはずだが、株価は変わらないのだろうか。単に報道されないだけなのだろうか?

 為替の変動には各国の物価上昇率が影響する。世界各国は各国での差はあっても物価が上昇している。日本は物価が上昇していない。だからその差を埋めるには為替は変わらざるを得ない。
 また利子率は各国では物価上昇率に合わせてある程度ある。日本は物価が上がらない代わりに利子率も低い。
 このような意味で「円高」はバランスのとれた範囲内にある。

 政府への攻撃と同時に経済政策をせよと声が大きくなっている。その経済政策が何なのか、報道ではモヤモヤとごまかしている。
 その中身はどうやらこんなことらしい。
 財政赤字が巨大な政府財政だが、政府支出を大幅に増やせと言うことのようだ。その支出先は成長産業の育成だ。要するに企業への補助金だ。企業はそのお金を投資として活用し利益を得る。国民も雇用が増え利益を得る。
 ただ、今より財政が苦しくなっては困るから、日銀の貨幣発行量を増やしその中に紛れ込ませる。こうして少しでも成長できれば、日銀のインフレ政策によって物価上昇も実現できる。物価上昇できれば、国民の持つ資産の目減りにより利益を得ることができることになる。

 これは荒療治だから、日本はどうしようもなく思い切った政策が必要だと思わせないといけない。マスコミは共同戦線を張っていると考えた方がよいだろう。
市場では、政府・日銀が具体的な経済対策や円高対策を打ち出さないことへの失望といら立ちが高まっており、早期の対策を催促する展開になっている。
市場では、政府・日銀が早期に円高対策や経済対策を打ち出すことを求める声が強いが、23日の菅直人首相と日銀の白川方明総裁の電話協議では、具体的な対策は示されなかった。このため、「円高対策を打ち出さなければ株安がさらに進み、長期化する恐れもある」(野村証券の佐藤雅彦マーケットアナリスト)との厳しい見方が出ている。  毎日
 こんな具合だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
産業界が円高株安に悲鳴
注意深く見守るだけなら素人でもできるわけで・・・・ 今の政府の対応には呆れてしまっている国民が多いのではないだろうか。 世間の要求からは的外れなコメントを垂れ流して悪影響を及ぼしている 民主党のトンチンカンな経済政策は暴走するばかり。 ...続きを見る
事業資金がないときは何もしなけりゃいいじ...
2010/08/24 23:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
円高株安の対策が可能なのか? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる